播但連絡道路 兵庫県姫路市の姫路JCTから朝来市の和田山ICに至る延長約65.1kmの地域高規格道路

播但連絡道路(ばんたんれんらくどうろ)は、兵庫県姫路市の姫路JCTから朝来市の和田山ICに至る延長約65.1kmの地域高規格道路であります(自動車専用道路)。

播但連絡道路は、一般国道312号かつ、兵庫県道路公社が管理・運営している一般有料道路であります。

播但連絡道路は、一般には播但道という略称で呼ばれます。



姫路JCT 国道2号姫路バイパス 0.0 JCTとランプが一体化構造

ランプは和田山方面出入口 兵庫県 姫路市

1 大塩別所ランプ 県道399号大塩別所線

2/TB 花田IC/

花田本線TB 県道397号飾東御着停車場線 4.7

3/PA 山陽姫路東IC/

豊富PA 山陽自動車道 6.6 一般道とは未接続

PAは北行きのみ

PA 豊富PA 7.3 南行きのみ

4 豊富ランプ 県道218号西田原姫路線 9.6 姫路方面出入口

5 砥堀ランプ 国道312号 和田山方面出入口

6 船津ランプ 県道81号小野香寺線 13.7

TB 福崎南TB - 外側線のみ

7 福崎南ランプ 18.7 外側線のみ 福崎町

(9) 福崎IC 中国自動車道 ○ 外側線のみ

8 福崎北ランプ 県道23号三木宍粟線 外側線のみ

TB 福崎北TB - 外側線のみ

9 市川南ランプ 22.0 市川町

SA 市川SA 27.4

10 市川北ランプ 国道312号 27.9 姫路方面出入口

11 神崎南ランプ 県道8号加美宍粟線 31.2 神河町

12 神崎北ランプ 国道312号 38.6 姫路方面出入口

13 生野ランプ 県道39号一宮生野線 43.6 姫路方面出口 朝来市

14 生野北第一ランプ 国道312号 46.0 和田山方面出入口

15 生野北第二ランプ 国道312号 46.5 姫路方面出入口

SA 朝来SA 49.5 別名「道の駅フレッシュあさご」

16 朝来IC 国道429号

県道70号養父朝来線 51.5

TB/PA 和田山TB/PA 60.2 PAは南行きのみ

17 和田山IC/JCT 北近畿豊岡自動車道

国道312号 63.6 ○

播但連絡道路の通過市町村は

兵庫県

姫路市 - 神崎郡福崎町 - 神崎郡市川町 - 神崎郡神河町 - 朝来市

全線が兵庫県道路公社播但連絡道路管理事務所の管轄であります。

播但連絡道路は、兵庫県の中心部西寄り、中播磨と南但馬とを南北にほぼ一直線に結ぶ道路で、国道312号のほかJR播但線・市川・円山川と平行しています。

姫路JCTにおいて国道2号姫路バイパスから分岐し、ほどなく山陽新幹線・山陽本線を越えます。

この先で条件が良ければ西方に小さく姫路城が見える。一度山越えをする途中で山陽自動車道と接続、越え終わったあたりからふたたび播磨平野をゆるやかに上りながら北上します。

福崎南ランプ手前まで4車線区間、ここより6車線区間だが、内側2車線が和田山方面への対面通行路、外側南北各2車線がランプおよび中国自動車道への集散路となります。

外側線と内側線が合流する福崎北ランプからは和田山ICまで暫定2車線の対面通行となります。

福崎北ランプより北は急カーブ・急勾配が連続する箇所が多い。生野ランプの北側あたりが市川と円山川の分水嶺であり、このあたりから和田山方へ向かっての下り勾配となります。

そして多数のトンネルを抜けて和田山へと至ります。

制限速度は4車線区間の姫路JCTから福崎南ランプ手前までが80km/h、ここから生野北第2ランプまでが60km/h、生野北第2ランプから和田山ICまでが70km/hとなっています。
posted by gonta at 09:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路

山麓バイパス 兵庫県神戸市中央区生田町から、北区山田町下谷上に至る延長9.8kmの有料道路

山麓バイパス(さんろくバイパス)は、兵庫県神戸市中央区生田町から、北区山田町下谷上に至る延長9.8kmの有料道路であります。

山麓バイパスは、西神戸有料道路の二期事業として位置付けられています。

山麓バイパスの料金所は天王谷IC付近に本線料金所があります。

山麓バイパスは、道路の管理は神戸市道路公社が行っています。

山麓バイパスの制限速度は天王谷ICより東側では60km/h、西側では50km/hです。

なお、現在ETCの利用はできないが、2008年10月1日に実施される西神戸有料道路の無料開放にあわせて、天王谷料金所にてETCが利用できるようになる予定であります。

山麓バイパスのインターチェンジは

布引IC(新神戸駅付近)(新神戸トンネル有料道路)

天王谷IC(天王谷料金所)(国道428号)

JCT 雲雀ケ丘分岐点(西神戸有料道路)
posted by gonta at 09:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路

西神戸有料道路 兵庫県神戸市兵庫区鵯越町から、須磨区車に至る延長5.3kmの有料道路

西神戸有料道路(にしこうべゆうりょうどうろ)(神戸市道夢野白川線)は、兵庫県神戸市兵庫区鵯越町から、須磨区車に至る延長5.3kmの有料道路であります。

西神戸有料道路の料金所は鵯IC付近に本線料金所があります。

西神戸有料道路は、道路の管理は神戸市道路公社が行っています。

制限速度は50km/hです。

また、西神戸有料道路の二期事業として山麓バイパスがあります。

なお、ETCの利用はできないです。

車交差点(神戸市道夢野白川線 - 阪神高速道路31号神戸山手線白川南出入口)

鵯IC(鵯料金所)

JCT 雲雀ケ丘分岐点 (山麓バイパス)

夢野交差点

西神戸有料道路は、2008年10月1日:鵯料金所が廃止され、無料開放されます。
posted by gonta at 09:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路

神戸西バイパス 明石海峡大橋関連事業として、神戸市西部の迂回路確保、沿道開発、渋滞緩和を目的として第二神明道路と並行して計画された国道2号のバイパス

神戸西バイパス(こうべにしバイパス)は明石海峡大橋関連事業として、神戸市西部の迂回路確保、沿道開発、渋滞緩和を目的として第二神明道路と並行して計画された国道2号のバイパスであります。

阪神高速道路5号湾岸(垂水)線 大阪方面

JC 垂水JCT 神戸淡路鳴門自動車道

11 学園南IC 県道488号長坂垂水線 2.3 長坂・姫路方面のみ接続

12 長坂IC 国道2号(神戸西バイパス)明石方面 3 大阪方面のみ接続

JC 永井谷JCT 阪神高速道路7号北神戸線 姫路方面

- (永井谷IC:予定) 国道2号(神戸西バイパス) -

- (櫨谷IC:予定) -

- (平野IC:予定) 国道175号(国道427号重複):予定 -

- (石ケ谷JCT:予定) 第二神明道路 姫路方面:予定 -

起点:兵庫県神戸市垂水区名谷町入野

終点:兵庫県神戸市西区伊川谷町別府

種別:地域高規格道路(大阪都市圏自動車専用道路)

事業費:1,900億円

専用部(自動車専用道路第二神明道路北線)

全長:12.5km(供用済5.6km)

規格:第1種第3級

車線:4車線

最高速度:80km/h

償還完了予定:2050年8月15日

専用部の供用区間は第二神明北線の名称が用いられており、神戸西バイパスの名称はまず使用されないです。

有料道路(普通車:200円、大型車:300円、特大車:700円)となっています。

一般部(一般国道2号神戸西バイパス)

全長:8.4km(供用済4.4km)

規格:第3種第2級

車線:2車線

最高速度:50km/h

一般部は片側1車線であるが、信号機と交通量が少なく比較的快適に走行できます。
posted by gonta at 09:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路

第二神明道路 兵庫県神戸市須磨区月見山町から明石市魚住町清水に至る国道2号のバイパス

第二神明道路(だいにしんめいどうろ)は、兵庫県神戸市須磨区月見山町から明石市魚住町清水に至る国道2号のバイパスであります。

第二神明道路は、全線4車線の自動車専用道路で、最高速度は70km/hであります。

西日本高速道路関西支社第二神明道路管理事務所が一般有料道路として管理しています。

明石西ICからは加古川バイパスに、月見山出入口からは阪神高速道路3号神戸線にそれぞれ接続します。

名称に「第二」を冠しているのは兵庫県道21号神戸明石線が神明道路と呼ばれていたためであります(今は旧神明と呼ばれることが多いです。また国道2号も神戸 - 明石は神明国道と表現されることがあります)。

阪神高速道路3号神戸線 大阪方面

1 須磨IC 県道65号神戸加古川姫路線 0.9 姫路方面のみ接続 神戸市

TB 須磨TB − 2

PA 垂水PA − 姫路方面のみ

2

PA

2 名谷JCT

名谷PA

名谷IC 第二神明北線



県道21号神戸明石線 4 名谷JCTは神戸・大阪方面のみ接続

名谷PAは神戸・大阪方面のみ

3 高丸IC 高丸方面 6.7

4 大蔵谷IC 県道21号神戸明石線 8.9

5 伊川谷IC

伊川谷JCT

阪神高速道路7号北神戸線 12 姫路方面のみ接続

6 玉津IC 国道175号(国道427号重複) 15.2

- (石ケ谷JCT:予定) 第二神明道路北線

SA 明石SA − 明石市

7 大久保IC 県道148号大久保稲美加古川線

県道379号岩岡魚住線 19.6

TB 明石西TB −

8 明石西IC 県道514号志染土山線 24.3

加古川バイパス 姫路方面


第二神明道路の料金は

須磨IC - 大蔵谷ICは東側区間料金200円(大型車300円、特大車700円)、玉津IC - 明石西ICは西側区間料金100円(大型車150円、特大車360円)。

大蔵谷IC - 玉津ICは料金所がなく、無料で走行できます。

須磨ICと明石西ICにはそれぞれ本線料金所が設置されており、全線走行の場合は須磨料金所で200円(大型車300円、特大車700円)、明石西料金所で100円(大型車150円、特大車360円)の計300円(大型車450円、特大車1,060円)を支払うことになります。

阪神高速道路3号神戸線に乗り継ぐときは須磨料金所で阪神高速道路阪神西線均一料金500円(大型車1000円)も併せて徴収されるため、この料金所での支払いは700円(大型車1,300円、特大車1,700円)となります。

並行する第二神明道路北線はこの道路のバイパスであるので伊川谷JCTから名谷JCT間はどちらを通っても同一料金であり、回数券も共通であります。

道路種別:地域高規格道路(大阪都市圏自動車専用道路)

全長:24.3km

道路規格:第1種3級(自動車専用道路)

車線数:4車線

事業費:125億円(1970年度以降の2車線拡幅分は43億5千万円)

最高速度:70km/h

償還完了予定:2050年8月15日

大蔵谷IC - 伊川谷IC - 玉津ICには上下線ともに料金所がないのでこの区間であれば無料で通行できます。

伊川谷JCT/ICと玉津ICとの間で東京測地系東経135度を通過する所には日本標準時子午線を示すゲートが設置されています(このゲートにある時計は必ずしも正確ではないです)。

1998年に明石海峡大橋が開通し、名谷JCT以東では急激に交通量が増えてきています。

また繁忙期には渋滞が阪神高速まで及ぶことがあります。

一方ETCの普及で須磨料金所を先頭とする渋滞は減少しました。
posted by gonta at 09:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路

摩耶大橋 兵庫県神戸市灘区摩耶埠頭から同市中央区小野浜町に至る延長0.2kmの有料道路

摩耶大橋(まやおおはし)は、兵庫県神戸市灘区摩耶埠頭から同市中央区小野浜町に至る延長0.2kmの有料道路であります。

摩耶大橋は、神戸市みなと総局が管理します。

摩耶大橋は、ハーバーハイウェイの第二摩耶大橋が並行して架かっています。
posted by gonta at 08:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路

箕面有料道路 箕面市内の、延長7.2kmの一般国道423号バイパス

箕面有料道路(みのおゆうりょうどうろ)は、箕面市内の、延長7.2kmの一般国道423号バイパスであります。

公式愛称は箕面グリーンロードであります。

大阪府道路公社により建設された地域高規格道路であり、道路の大部分を箕面トンネルが占めます。

トンネル南口のポータルには、公式愛称である「箕面グリーンロードトンネル」と書かれています。

箕面有料道路は、2007年5月30日に開通しました。

箕面有料道路のインターチェンジは

箕面IC(新名神高速道路:整備中)

止々呂美料金所

ETCが整備されておりETCマイレージ還元額が利用可能だが、ポイントサービスは行っていないためマイレージポイントは付与されないです。

白島IC

萱野北ランプ(国道171号、国道423号新御堂筋に接続)

新御堂筋、大阪府道2号大阪中央環状線を利用して吹田ICまで信号機3機(トンネルを抜けてすぐに連続する白島2・坊島4交差点と、中国吹田IC出口にある信号)のみで接続しています。

起点:大阪府箕面市萱野

終点:大阪府箕面市下止々呂美

全長:7.2km(開通時は6.8km)

規格:第1種第3級

車線数:4車線(開通時は暫定2車線)

設計速度:80km/h(開通時は60km/h)

通行料(ETC利用可):二輪車、軽自動車500円・普通車600円・大型車1000円

通行規制等:125cc以下のバイク、原付の通行は禁止です。

また、箕面トンネルの総延長が5,000mを超えるため、危険物積載車は通行不可です。
posted by gonta at 10:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路

堺泉北有料道路 大阪府道36号泉大津美原線のうち高石市綾園から堺市平井に至る約4.7kmの第4種第1級高架4車線の有料道路

堺泉北有料道路(さかいせんぼくゆうりょうどうろ)は、大阪府道36号泉大津美原線のうち高石市綾園から堺市平井に至る約4.7kmの第4種第1級高架4車線の有料道路であります。

堺泉北有料道路は、1991年3月15日供用開始です。

堺泉北道路として地域高規格道路の計画路線に指定されています。

阪和自動車道や阪神高速道路4号湾岸線と接続して関西国際空港へのアクセス道路としての役割を果しています。

自動車専用道路ではないが自動車専用道路と同等の通行規制がなされています。

また案内標識は青色のものが採用されています。

堺泉北有料道路は、普通車の通行料金が100円であることから、地元では「100円高速」や「100円道路」と呼ばれていいます。

大阪府道路公社が管理している有料道路の中では、唯一年間計画交通量を達成しており、2006年2月8日にETCを整備しました。

但し、平井ICの料金所に限っては、一旦停止した後にETCカードを料金所に渡しての支払いとなり、ETCノンストップ通行はまだ不可能となっています。

助松JCT(阪神高速道路4号湾岸線に接続)

助松IC(堺・美原方面出入口)大阪府道36号泉大津美原線一般部へ接続

綾園IC(助松方面出入口)(国道26号に接続)

本線上より有料区間

取石IC(堺・美原方面出入口)国道26号に接続

菱木IC(堺・美原方面出入口)大阪府道36号泉大津美原線一般部へ接続

菱木本線料金所(堺・美原方面)

太平寺IC(助松・泉大津方面出入口)大阪府道36号泉大津美原線一般部へ接続

平井IC(助松・泉大津方面出入口)大阪府道36号泉大津美原線一般部へ接続

平井本線料金所(助松・泉大津方面)

堺JCT(阪和自動車道松原方面に接続)
posted by gonta at 10:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路

五月山ドライブウェイ 大阪府池田市綾羽にある一般有料道路

五月山ドライブウェイ(さつきやま -)は、大阪府池田市綾羽にある一般有料道路であります。

五月山ドライブウェイの通行料金は

普通車300円(17:00〜22:00は無料)

五月山ドライブウェイは、池田市が管理しています。

1958年(昭和33年)に開通した、日本の有料ドライブウェイとしては最初期のものであります。

五月山ドライブウェイは、22:00〜翌5:00までの間、自動車は通行禁止、オートバイは終日通行禁止となっています。
posted by gonta at 10:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路

大阪港咲洲トンネル 大阪市港区(大阪港天保山地区)と住之江区(南港・咲洲)を結ぶ海底トンネル

大阪港咲洲トンネル(おおさかこうさきしまトンネル)とは、1997年10月17日に開通した大阪市港区(大阪港天保山地区)と住之江区(南港・咲洲)を結ぶ海底トンネルであります。

大阪港咲洲トンネルは、湾法にもとづく港湾施設(臨港交通施設)のひとつであります。

大阪港咲洲トンネルは、大阪市港湾局が管理します。

このトンネルは、トンネル本体となる沈埋函を海底に沈める沈埋工法で建設されました。

沈埋工法のトンネルとしては日本初の道路・鉄道併用トンネル(ちなみに日本初の沈埋トンネルは、1935年〜1944年にかけて建設された安治川トンネル)で、複線の鉄道線(大阪市営地下鉄中央線)の両側を各2車線の道路が通る構造になっています。

大阪港咲洲トンネルの延長は道路部分が2,200m、鉄道部分が2,400mあります。

大阪市中心部から南港地区への最短経路であります。

鉄道では大阪市営地下鉄中央線の大阪港駅とコスモスクエア駅の間でこのトンネルを通ります。

大阪港咲洲トンネルは、大阪市港湾施設条例により設置された有料の臨港道路として、大阪市が管理を大阪港トランスポートシステムに委託しています。

大阪港咲洲トンネルの普通乗用車の通行料金は200円、大型車は400円。カード式の回数券はあります(料金所一番右側で発売)が、ETCやクレジットカードといった類は使えないので、注意が必要であります。

道路は港区側では国道172号(中央大通)並びに海岸通と接続、住之江区側のトンネル出入口はコスモスクエア駅付近にあります。

また、このトンネルを走る大阪市営バス(44A系統)もあります。
posted by gonta at 10:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路

鳥飼仁和寺大橋有料道路 大阪府道15号八尾茨木線の大阪府寝屋川市仁和寺本町2丁目と、同摂津市鳥飼中2丁目を結ぶ688mの有料道路

鳥飼仁和寺大橋有料道路(とりかいにわじおおはし ゆうりょうどうろ)は、大阪府道15号八尾茨木線の大阪府寝屋川市仁和寺本町2丁目と、同摂津市鳥飼中2丁目を結ぶ688mの有料道路であります。

当橋梁西方に架かる鳥飼大橋の交通渋滞緩和と、大阪府東部エリア・同東北部エリアの交通利便性を図る為、1983年に建設着工、30年間の有料期間を設けた上で1987年2月28日供用開始しました。

鳥飼仁和寺大橋有料道路は、大阪府道路公社が一般有料道路として管理している。

鳥飼仁和寺大橋有料道路の一日の平均交通量は15,690台(2002年度)です。

普通自動車をはじめ、20t超の大型車両の通行も可能であります。

また原動機付自転車(原付二種も含む)、自転車の通行も可能であるが、双方とも軽車両扱いで10円が掛かかります。

歩行者についてのみ無料で通行が出来ます。

また、身体障害者割引(半額)も行われています。

この橋梁の利用率が多い地元摂津市・寝屋川市等周辺地域では、普通自動車の通行料金が100円である事から、「100円橋」と略称されます。

なお支払いは現金のみで、ETCは使用出来ないです(廃止されたハイウェイカードも使用不可能であります)。

鳥飼仁和寺大橋有料道路の料金所ブースには収受員が立ち、自動二輪車(原動機付自転車を含む)は普通車と同じ料金所を通過するため、収受員に通行料金を払わず通行は出来ないです。

自転車での通行は自転車用スロープ(上流方)を利用します。

鳥飼仁和寺大橋有料道路は、大阪府道2号大阪中央環状線の鳥飼大橋における渋滞緩和が期待されたが、100円とはいえ有料であることもあり、計画交通量の7割程度の利用にとどまっており、期待通りの効果は発揮されていないです。

この橋から道なりである都市計画道路千里丘寝屋川線の新宝町交点〜高柳2交点間開通後、1日あたり約2,000台程交通量が増加しました。

鳥飼仁和寺大橋有料道路は、平成19年現在、摂津市・茨木市方面から第二京阪道路へのアクセスを強化する為に、新宝町交差点の立体交差化等の事業が行われています。
posted by gonta at 10:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路

菅原城北大橋 大阪市東淀川区と旭区を結ぶ、淀川に架かる有料の橋

菅原城北大橋(すがはらしろきたおおはし)とは、大阪市東淀川区と旭区を結ぶ、淀川に架かる有料の橋であります。

菅原城北大橋は、大阪市が淀川新橋有料道路として管理しています。

1989年(平成元年)6月供用開始。大阪市道上新庄生野線の一部と思われ、旭区側は城北筋と接続しています。

また、旭区側では城北公園通(大阪市道中津太子橋線)と立体交差しており、接続していないです。

菅原城北大橋は、普通車の通行料金は100円で、地元では100円橋とも呼ばれています。

原付は10円で渡れます。

形式 3径間連続斜張橋

橋長 1,355.757m

支間長 82.00m

幅員 25.50m

橋脚 壁式中空鉄筋コンクリート他

基礎 ケーソン他

着工 1984年(昭和)59年

完成 1989年(平成)元年6月

工費 234億円
posted by gonta at 10:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路

嵐山高雄パークウェイ 阪急阪神ホールディングスグループの西山ドライブウエイ株式会社が経営する一般自動車道

嵐山高雄パークウェイ(あらしやまたかおパークウェイ)は、阪急阪神ホールディングスグループの西山ドライブウエイ株式会社が経営する一般自動車道であります。

嵐山高雄パークウェイは、1965年供用開始です。

嵐山高雄パークウェイは、京都市右京区の高雄(国道162号)と嵐山(清滝街道)を結ぶ全長10.7kmの有料道路であります。

沿道には菖蒲谷池遊園地、観空台遊園地、展望台、ドッグ・ラン ワン遊ランド、ハーブ園、 釣り池があります。

なお、土日祝日及び1月1日〜3日、7月21日〜8月31日、10月21日〜11月30日の各日は二輪車通行禁止となるので注意が必要であります。
posted by gonta at 09:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路

京滋バイパス 滋賀県草津市から京都府久世郡久御山町に至る一般国道のバイパス道路

京滋バイパス(けいじバイパス、英称: KEIJI BY-PASS )は滋賀県草津市から京都府久世郡久御山町に至る一般国道のバイパス道路であります。

地域高規格道路の計画路線に指定されています。

名神高速道路と一体化されており、大津市街・京都市街を迂回して、名神の栗東・名古屋方面と吹田・大阪方面とを接続します。

法令上は、瀬田東IC - 久御山淀ICは国道1号・国道478号で地域高規格道路(京滋バイパス)、久御山淀IC - 大山崎JCTは国道478号で国土交通大臣指定に基づく高規格幹線道路(一般国道の自動車専用道路)(京都縦貫自動車道京都第二外環状道路)、大山崎JCT - 久御山淀ICは高速自動車国道(中央自動車道西宮線)となっています。

後の計画で、名神高速道路の渋滞緩和と京都市の環状道路の機能を持つ道路づくりの必要性から、国道9号バイパスであった京都丹波道路と京滋バイパスを結ぶ路線、京都第二外環状道路が作られることになりました。

京都縦貫自動車道と京都第二外環状道路は国道478号に指定され、一貫した整備が続けられています。

路線の表示では、利用者に分かり易い様、瀬田東JCT - 大山崎JCTにおいて京滋バイパスとされています。

また、名神高速道路と京滋バイパスはどちらを経由しても料金およびETC割引制度に差はないです。


30-2 瀬田東IC 国道1号(一般部)草津方面 滋賀県 大津市
瀬田東JCT 名神高速道路 480 名神は栗東・名古屋方面接続

1 石山IC 県道106号千町石山寺辺線 483 宇治・大阪方面出入口

2 南郷IC 県道3号大津南郷宇治線 487 栗東・名古屋方面出入口
- (南郷TB) - 廃止

3 笠取IC 489 吹田・大阪方面出入口 京都府 宇治市
- 宇治トンネル - 補足参照

4 宇治東IC 府道7号京都宇治線 494 栗東・名古屋方面出入口

5 宇治西IC 国道24号(一般部) 496

6 巨椋IC 国道24号(一般部) 498 栗東・名古屋方面出入口

2 久御山JCT 第二京阪道路 500 久御山町

7 久御山IC 国道478号(京都第二外環状道路) 501 吹田・大阪方面出入口

8 久御山淀IC 国道478号(京都第二外環状道路)

33-3 大山崎IC 国道171号 大山崎町

大山崎JCT 名神高速道路

京都第二外環状道路

通過市町村は

滋賀県

大津市 -

京都府

宇治市 - 久世郡久御山町 - 八幡市 - 京都市伏見区 - 乙訓郡大山崎町

起点 : 滋賀県大津市瀬田大江町

終点 : 京都府乙訓郡大山崎町

全長 : 18.9km

車線 : 4車線

最高速度 : 時速80km

償還完了予定 : 2050年8月15日
posted by gonta at 09:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路

奥比叡ドライブウェイ 比叡山ドライブウェイの終点である根本中堂から、延暦寺西塔(釈迦堂)や横川中堂を経由して大津市仰木までを結ぶ約11.8kmの有料道路

奥比叡ドライブウェイは、比叡山ドライブウェイの終点である根本中堂から、延暦寺西塔(釈迦堂)や横川中堂を経由して大津市仰木までを結ぶ約11.8kmの有料道路であります。

途中に「比叡山峰道レストラン」があります。

なお、大津市・京都市方面からは京阪バス・京都バスが路線バスを運行しているほか、両ドライブウェイ内のシャトルバスが運行されており、「比叡山内1日フリー乗車券」も発売されています。

奥比叡ドライブウェイの沿線施設

延暦寺西塔

比叡山峰道レストラン

延暦寺横川中堂

田の谷峠料金所 - ロテル・ド・比叡(往復)

田の谷峠料金所 - 比叡山頂・延暦寺東塔(往復)

田の谷峠料金所 - 延暦寺横川駐車場(往復)

仰木料金所 - 比叡山頂・延暦寺東塔(往復)

田の谷峠料金所 - 仰木料金所(片道)

田の谷峠料金所→延暦寺横川駐車場→比叡山頂・延暦寺東塔→仰木料金所


奥比叡ドライブウェイ

区間

延暦寺東塔 - (延暦寺西塔) - 西谷検札所 - (延暦寺西塔) - (比叡山峰道レストラン) - (延暦寺横川中堂) - 仰木料金所

距離 - 11.82km

制限速度 - 40km/h

開業年月日 - 1966年5月1日

運営者 - 奥比叡参詣自動車道株式会社
posted by gonta at 09:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路

比叡山ドライブウェイ 滋賀県大津市の比叡山にある、京阪電気鉄道の子会社である比叡山自動車道株式会社(京阪グループの項目参照)が運営する一般自動車道

比叡山ドライブウェイ(ひえいざんドライブウェイ)は、滋賀県大津市の比叡山にある、京阪電気鉄道の子会社である比叡山自動車道株式会社(京阪グループの項目参照)が運営する一般自動車道であります。

比叡山ドライブウェイは、滋賀県大津市の田の谷峠から延暦寺東塔(根本中堂)・比叡山頂を結ぶ約8.1kmの有料道路であります。

比叡山の山腹を走り、途中の「夢見が丘」で大津市街を始めとする琵琶湖の南湖周辺が一望できます。

また、同じ京阪グループのホテル「ロテル・ド・比叡」があります。

奥比叡ドライブウェイは、比叡山ドライブウェイの終点である根本中堂から、延暦寺西塔(釈迦堂)や横川中堂を経由して大津市仰木までを結ぶ約11.8kmの有料道路であります。

途中に「比叡山峰道レストラン」があります。

なお、大津市・京都市方面からは京阪バス・京都バスが路線バスを運行しているほか、両ドライブウェイ内のシャトルバスが運行されており、「比叡山内1日フリー乗車券」も発売されています。

田の谷峠料金所 - ロテル・ド・比叡(往復)

田の谷峠料金所 - 比叡山頂・延暦寺東塔(往復)

田の谷峠料金所 - 延暦寺横川駐車場(往復)

仰木料金所 - 比叡山頂・延暦寺東塔(往復)

田の谷峠料金所 - 仰木料金所(片道)

田の谷峠料金所→延暦寺横川駐車場→比叡山頂・延暦寺東塔→仰木料金所

交差道路は

京都府道・滋賀県道30号下鴨大津線(山中越え)

滋賀県道315号仰木雄琴線 - 湖西道路、国道161号などに接続

比叡山ドライブウェイの沿線施設

夢見が丘

ホテル「ロテル・ド・比叡」

比叡山山頂

美術館「ガーデンミュージアム比叡」

コスモス園

延暦寺東塔

比叡山ドライブウェイ

区間

田の谷峠料金所 - (夢見が丘) - (ロテル・ド・比叡) - ホテル前検札所 - (比叡山頂への交叉点) - 延暦寺東塔

(比叡山頂への交叉点) - 比叡山頂

距離 - 約8.1km

制限速度 -

開業年月日 - 1958年4月18日

運営者 - 比叡山自動車道株式会社
posted by gonta at 09:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路

途中トンネル 国道367号(国道477号と重複)の滋賀県大津市伊香立途中町地内にあるトンネル

途中トンネル(とちゅうとんねる)は、国道367号(国道477号と重複)の滋賀県大津市伊香立途中町地内にあるトンネルであります。

滋賀県道路公社が、途中トンネル有料道路として管理しています。

途中トンネルの通行料金は普通車で150円です。

1988年4月5日開通です。

2018年に償還完了予定であります。

あまり知られていないが、徒歩や自転車の場合は無料で通行することができます。

途中トンネルの通行料金は

軽自動車等 : 100円

普通車 : 150円

大型車(1) : 260円

大型車(2) : 570円

軽車両等 : 20円

歩行者・自転車等 : 無料

※夜間22:00 - 6:00は通行無料

路線名 : 国道367号

起点 : 滋賀県大津市伊香立途中町西山

終点 : 滋賀県大津市伊香立途中町坊出

延長 : 0.5km

事業費 : 約15億円

償還完了予定 : 2018年4月4日
posted by gonta at 09:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路

日野水口有料道路 起点を滋賀県蒲生郡日野町日田、終点を甲賀市水口町水口とする一般有料道路

日野水口有料道路(ひのみなくちゆうりょうどうろ、日野水口グリーンバイパス)は、起点を滋賀県蒲生郡日野町日田、終点を甲賀市水口町水口とする一般有料道路であります。

日野水口有料道路は、滋賀県道路公社が管理します。

1980年10月5日供用開始です。

日野水口有料道路は、2006年3月、滋賀県の包括外部監査人公認会計士が、早期無料化が妥当との監査結果を報告しています。

日野水口有料道路の通行料金(夜間無料)は

軽自動車等 150円

普通車 200円

大型車(1) 310円

大型車(2) 730円

軽車両等 20円

路線名 国道307号

起点 滋賀県蒲生郡日野町日田

終点 滋賀県甲賀市水口町水口

延長 7.0km

事業費 約28億円

料金徴収期間 30年間

無料開放予定日 2010年10月4日
posted by gonta at 10:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路

近江大橋有料道路 起点を滋賀県大津市丸の内町、終点を滋賀県草津市木川町とする一般有料道路

近江大橋有料道路(おうみおおはしゆうりょうどうろ)は、起点を滋賀県大津市丸の内町、終点を滋賀県草津市木川町とする一般有料道路であります。

近江大橋有料道路は、滋賀県道路公社が管理します。

近江大橋有料道路の通行料金は

軽自動車等:100円

普通車:150円

大型車(1):260円

大型車(2):570円

軽車両等:20円

路線名:滋賀県道18号大津草津線、滋賀県道42号草津守山線

起点:滋賀県大津市丸の内町

終点:滋賀県草津市新浜町

延長:6.1km(内1.29kmが近江大橋)

車線数:4車線

事業費:約205億円

無料開放予定日:2012年9月26日

滋賀県の財政難により維持管理有料制度導入を検討中
posted by gonta at 10:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路

琵琶湖大橋 滋賀県大津市と守山市を結ぶ鋼製の橋 琵琶湖大橋有料道路

琵琶湖大橋(びわこおおはし)は、滋賀県大津市と守山市を結ぶ鋼製の橋です。

琵琶湖大橋有料道路であります。

琵琶湖大橋は、滋賀県道路公社が管理しています。


渡る場合には通行料がかかるが、自転車・歩行者道は無料です。

琵琶湖の東岸と西岸を行き来する際の所要時間の短縮、観光の促進を目的として1964年9月28日に開通しました。

橋の中間部は、船舶の航行に支障をきたさないように水面より最大26m高くなっています。

琵琶湖大橋の通行料金は

軽自動車等 150円

普通車 200円

大型車(1) 300円

大型車(2) 710円

軽車両等 20円

路線名 国道477号、滋賀県道11号守山栗東線

起点 滋賀県栗東市辻

終点 滋賀県大津市真野普門町

延長 15.4km(橋梁自体は1.4km)

車線数 4車線

事業費 約349億円

償還完了予定 2021年9月27日
posted by gonta at 10:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路
バイク買取専門店バイクワン

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。