山口宇部道路 山口県山口市から宇部市に至る一般有料道路

山口宇部道路(やまぐちうべどうろ)は山口県山口市から宇部市に至る一般有料道路であります。

<1> 朝田IC 国道9号(予定)

県道204号宮野大歳線(予定) 事業中 山口市

<2> 流通センターIC 事業中

<34> 小郡IC/JCT 中国自動車道(予定) 事業中

<3> 長谷IC 事業中

4 嘉川IC 小郡道路

国道2号

県道335号江崎陶線 0.0

5 由良IC 県道25号宇部防府線 3.2 宇部方面のみ接続

TB 嘉川・由良TB 本線料金所、阿知須ICに併設

6 阿知須IC 県道216号善和阿知須線 4.9

(42) 宇部JCT 山陽自動車道宇部下関線 7.3 宇部市

TB 宇部東・宇部南TB 本線料金所、宇部東ICに併設

7 宇部東IC 8.1

8 片倉IC 県道219号西岐波吉見線 宇部方面のみ接続

9 岡の辻IC 山口方面のみ接続

10 宇部南IC 国道190号

県道220号宇部空港線 14.0

山口宇部道路は、地域高規格道路山口宇部小野田連絡道路の一部であります。

山口宇部道路は、山口県道6号山口宇部線に指定されています。

また 山口宇部道路は、山口県道路公社が管理しています。

1975年2月27日供用開始です。

現在、山口市の嘉川ICから宇部市の宇部南ICまでの14.0kmが開通しています。

嘉川IC以北は建設中であり、中国自動車道との接続は、小郡ICにジャンクションを併設します。

なお、現在建設中の区間は開業後有料道路区間とならない予定であり、同区間を山口宇部道路に含めるかどうかは不明であります。

開通当初は、全区間が暫定2車線で一般道路扱いであったが、嘉川IC - 宇部東IC間 (8.9km) は、2001年の山陽自動車道宇部下関線開通にあわせて4車線の自動車専用道路(高速道路規格)に改築され、国道2号小郡道路とあわせて山陽自動車道に並行する一般自動車専用道路(A'路線)に変更されました。

なお、都道府県道が一部区間でも高規格幹線道路(高速自動車国道に並行する一般自動車専用道路)となることは珍しく、他に青森県上北郡おいらせ町と同県同郡六戸町を結ぶ第二みちのく有料道路(青森県道8号八戸野辺地線の一部で、東北縦貫自動車道(八戸線)に並行する一般自動車専用道路として開通)のケースがあるのみです。

宇部東IC - 宇部南IC間 (5.1km) は暫定2車線の一般有料道路規格として存置されており、125cc以下の自動二輪車・原動機付自転車・小型特殊自動車・軽車両はこの区間に限り通行できます。

山口宇部道路の最高速度は、山陽自動車道に並行する一般自動車専用道路区間が80km/h、一般道路区間が60km/hであります。

2005年2月26日までの予定であった料金徴収期間は、2027年1月3日まで延期となりました。

ETCは、現在は無線通信による通行ができないです(料金所でのETCカード提示が必要です)が、2008年9月1日午前0時より嘉川・由良TB、阿知須IC、宇部東・宇部南TB、宇部東IC(嘉川方面のみ)にてETCによる無線通行を開始する予定であります。
posted by gonta at 08:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路

草津沼田有料道路 起点を広島市西区草津南四丁目、終点を西区田方三丁目とする一般有料道路

草津沼田有料道路(くさつぬまたゆうりょうどうろ)は、起点を広島市西区草津南四丁目、終点を西区田方三丁目とする一般有料道路であります。

草津沼田有料道路は、広島市が直接管理します。

草津沼田有料道路は、1985年3月20日供用開始です。

草津沼田有料道路の略称は、草沼道、草津沼田道路であります。

広島高速道路の一部として吸収する計画もあります。

また、山陽自動車道の五日市インターチェンジまで延伸させる計画もあります。


- 草津出入口 0.0 3.0 料金所は無い 広島県 広島市
西区

- 古田台出入口 1.7 1.3 草津方面出入口 広島県 広島市
西区

- 沼田出入口 広島県道71号広島湯来線 3.0 0.0 広島県 広島市
西区

路線名 広島市道西4区草津沼田線

延長 3.0km

総事業費 57億円

料金徴収期間 25年間
posted by gonta at 08:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路

広島呉道路 広島県広島市から広島県呉市に至る地域高規格道路

広島呉道路(ひろしまくれどうろ、国道31号バイパス、クレアライン)は、広島県広島市から広島県呉市に至る地域高規格道路であります。

広島呉道路は、西日本高速道路が一般有料道路として管理しているがETCによる通行が一切できないです。

また、クレジットカードによる支払いにも対応していないです。

そのため、広島呉道路を通行する場合は全て現金か回数券による対処となります。

なお、現在ETCレーンの建設が進んでいるようであります。


1 仁保IC 広島県道86号翠町仁保線 0.0 広島県 広島市南区

1-1 仁保JCT 広島高速道路3号線

広島高速道路2号線(予定)、海田大橋 海田大橋→広島呉道路呉方面、広島呉道路広島方面→海田大橋各方面は通行不可

BR 広島大橋 ↓ ↑

PA/TB 坂PA/坂本線料金所 坂PAは、広島方面のみ停車可 安芸郡坂町

TN 横浜トンネル ↓ ↑

2-1 坂北IC 国道31号 3.4 広島方面入口、呉方面出口のみです。

2-2 坂南IC 国道31号 3.9 呉方面入口、広島方面出口のみです。

TN 小屋浦トンネル ↓ ↑

TN 天応トンネル ↓ ↑

3-1 天応西IC 国道31号

広島県道66号呉環状線 9.5 広島方面入口、呉方面出口のみ 呉市

3-2/TB 天応東IC/天応本線料金所 国道31号

広島県道66号呉環状線 10.1 呉方面入口、広島方面出口のみです。

TN 吉浦トンネル ↓ ↑

TN 呉トンネル ↓ ↑

4 呉IC 呉市道を介して国道31号、国道185号 15.9 0.0 呉駅近くです。

広島呉道路の通行料金は

軽自動車/普通車/中型車/大型車/特大車

仁保〜呉(全線) 700円/900円/950円/1400円/2500円

全線通しで通行する場合、坂本線料金所で仁保IC〜坂本線料金所間の料金を、天応本線料金所で坂本線料金所〜呉IC間の料金を別々に払う必要があります。

起点 広島県広島市南区仁保沖町

終点 広島県呉市西中央

全長 15.9km

車線数

仁保IC〜坂北IC 4車線(制限速度:60 km/h)

坂北IC〜呉IC 2車線(制限速度:60 km/h)

償還完了予定 2020年11月28日
posted by gonta at 08:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路

海田大橋 広島県安芸郡坂町、海田町、広島市安芸区矢野町の境界付近(厳密には坂町、起点の交差点が市町村の境になっている。)から、広島市南区仁保沖町に至る有料道路

海田大橋(かいたおおはし)は、広島県安芸郡坂町、海田町、広島市安芸区矢野町の境界付近(厳密には坂町、起点の交差点が市町村の境になっている。)から、広島市南区仁保沖町に至る有料道路であります。

海田大橋は、広島港の港湾施設として建設された臨港道路であります。

海田大橋は、そのため,通行料も広島県港湾施設管理条例に基づく施設使用料として規定されています。

また、海田大橋は、東広島廿日市道路、広島南道路の一部でもあります。

なお、維持管理は株式会社ひろしま港湾管理センターへ委託しています。

大橋愛称は、広島ベイブリッジ/ひろしまベイブリッジであります。

また、周りの住民からは、一般車の通行料が100円である事から、百円橋とも呼ばれます。

なお、かつてJR海田市駅の近くに、「海田大橋」と言う同名称のバス停留所があったが、本項の海田大橋とは関係ないです。


広島南道路を介して東広島バイパスに接続

海田大橋出入口 広島県道276号矢野海田線 0.0 2.9 広島県 安芸郡
坂町

JCT 仁保JCT 広島呉道路、広島高速道路3号線(広島南道路)広島高速道路2号線(予定)、出口方面に行けば仁保ICを経て広島県道86号翠町仁保線。 2.9 0.0 海田大橋→広島呉道路呉方面、広島呉道路広島方面→海田大橋各方面は通行不可。 広島市

南区

広島高速道路2号線、広島呉道路、広島高速道路3号線に接続

総延長:2.9km

起点:広島県安芸郡坂町(海田大橋出入口、広島県道276号矢野海田線交点)

終点:広島市南区仁保沖町(仁保JCT、広島高速道路3号線、広島呉道路に接続。)

主な経由地:広島県安芸郡坂町、広島市
posted by gonta at 08:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路

安芸灘大橋 本州と安芸灘諸島を8つの橋で結ぶ安芸灘諸島連絡架橋のうち、最も本州側に位置する橋長1,175mの1号橋

安芸灘大橋(あきなだおおはし)は、本州と安芸灘諸島を8つの橋で結ぶ安芸灘諸島連絡架橋のうち、最も本州側に位置する橋長1,175mの1号橋であります。

安芸灘大橋は、広島県道路公社が管理する有料道路(安芸灘大橋有料道路)であります。

安芸灘大橋は、広島県道74号下蒲刈川尻線の一部を構成します。

安芸灘大橋の構造は

橋長 = 1,175m

中央径間長(最大橋間長) = 750m

構造:3径間2ヒンジ吊り橋

対面2車線通行で設計された吊り橋では、現存するものでは世界最長であります。(これ以上長い吊り橋は、いずれも4車線以上を持つ構造となっています)

本州側の主塔は、女猫ノ瀬戸に浮かぶ女猫島の真上に位置しています。
posted by gonta at 08:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路

尾道大橋有料道路 広島県尾道市向東町と起点とし、広島県尾道市尾崎本町に至る一般有料道路

尾道大橋有料道路(おのみちおおはしゆうりょうどうろ)は、広島県尾道市向東町と起点とし、広島県尾道市尾崎本町に至る一般有料道路であります(国道317号)。

尾道大橋有料道路は、広島県道路公社が管理しています。

尾道大橋有料道路は、歩行者は無料であります。

歩行者・二輪車は風速20mで、その他の車両は風速25mで通行止めになます。

尾道大橋有料道路は、ETCによる通行が一切できないため、全て現金か回数券による対処となります。

尾道大橋有料道路の通行料金は

軽車両(125cc以下の原付、自転車):10円

軽自動車・自動二輪車(125cc超):50円

普通車、中型車:150円

大型車:250円

特大車:580円

尾道大橋有料道路の料金所は

料金所(向島側):通行料金収受業務は本四バス開発に委託です

起点 広島県尾道市向東町(国道317号交点)

終点 広島県尾道市尾崎本町(国道2号交点)

全長 2.9km(うち尾道大橋 385m)

規格 第3種第2級

車線数 2車線

設計速度 50 km/h

償還完了予定 2013年3月31日

posted by gonta at 08:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路

広島熊野道路 広島県道34号矢野安浦線のバイパス

広島熊野道路(ひろしまくまのどうろ)は、広島県道34号矢野安浦線のバイパスであります。

広島熊野道路は、広島県道路公社が一般有料道路として管理しています。

この道路ができた事により、矢野ニュータウンが出来きました。

広島熊野道路は、広電バス、呉市営バスも利用します。

50cc以下の原動機付自転車、歩行者は通行できないです。

ETCによる通行が一切できないため、全て現金か回数券による対処となります。

広島熊野道路の通過市町村は

広島県

広島市安芸区 - 安芸郡熊野町

広島熊野道路の通行料金は

軽車両(50cc超〜125cc以下の原付):20円

軽自動車・自動二輪車(125cc超):150円

普通車:200円

大型車(1):300円

大型車(2):700円

広島熊野道路の料金所は

料金所(矢野側)

起点 広島市安芸区矢野町鷹野宮(広島県道34号矢野安浦線(新道)交点)

終点 広島県安芸郡熊野町平谷(広島県道34号矢野安浦線交点、広島県道31号呉平谷線終点)

全長 2.4km(うち熊野トンネル 1,238m)

規格 第3種第2級

車線数 2車線

設計速度 60 km/h

規制速度 60 km/h(一部50 km/h)

償還完了予定 2020年12月5日



posted by gonta at 08:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路

湯浅御坊道路 起点を和歌山県御坊市野口、終点を和歌山県有田郡有田川町天満とする高規格幹線道路

湯浅御坊道路(ゆあさごぼうどうろ)は、起点を和歌山県御坊市野口、終点を和歌山県有田郡有田川町天満とする高規格幹線道路であります。

湯浅御坊道路は、NEXCO西日本が一般有料道路として管理しています。

阪和自動車道(近畿自動車道紀勢線)に並行する国道42号の自動車専用道路として整備されました。

終点の有田ICから起点の御坊ICに向かってインターチェンジ番号が振ってあります。

一般的には和歌山方面が上り線、白浜方面が下り線となります(阪和自動車道に並行していて事実上一部区間となっているためであります)。

一般有料道路であるがETCの通勤割引が適用されます。

阪和自動車道 和歌山方面

25 有田IC 県道22号吉備金屋線

国道42号 湯浅御坊道路との接続なし 有田川町

26 有田南IC 白浜方面のみ接続

PA 吉備湯浅PA −

27 湯浅IC 和歌山方面のみ接続 湯浅町

28 広川IC 国道42号 広川町

28-1 広川南IC 県道176号井関御坊線 和歌山方面のみ接続

29 川辺IC 県道190号玄子小松原線 和歌山方面のみ接続 日高川町

30 御坊IC 県道27号日高印南線 和歌山方面のみ接続 御坊市

阪和自動車道 白浜方面

湯浅御坊道路の最高速度は

70km/h(IC・PAを除く)
posted by gonta at 09:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路

紀の川河口大橋 紀の川に架かる全長521.3m・幅員11.25m(2車線と片側に歩道)の桁橋

紀の川河口大橋(きのかわかこうおおはし)は、紀の川に架かる全長521.3m・幅員11.25m(2車線と片側に歩道)の桁橋であります。

紀の川河口大橋は、北緯34度13分30秒東経135度8分40秒(世界測地系)、北緯34度13分18秒東経135度8分50秒(日本測地系)に位置し、和歌山県和歌山市湊5丁目(湊地区)と同市湊(砂山地区)とを結びます。

紀の川河口大橋は、和歌山県道148号和歌山港北島線が通ります。

1992年1月31日に開通しました。

紀の川河口大橋は、和歌山県道路公社が管理する有料道路であります。

南詰めには料金所が設置されており、その先の三叉路で本線(青岸橋)とランプとに分かれます。


車両区分 通行料

普通車 100円

中型車 100円

大型車 150円

軽自動車 100円

二輪自動車 100円

紀の川河口大橋周辺施設は

住友金属工業和歌山製鉄所

和歌山県道16号和歌山港線

和歌山港駅

南海フェリー

花王和歌山工場
posted by gonta at 09:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路

奈良奥山ドライブウェイ 奈良交通グループの新若草山自動車道(株)が経営する一般自動車道

奈良奥山ドライブウェイ(ならおくやまドライブウェイ)は、奈良交通グループの新若草山自動車道(株)が経営する一般自動車道であります。

奈良奥山ドライブウェイは、1955年10月22日供用開始しました。

奈良奥山ドライブウェイは、新若草山自動車道とも呼ばれます。

奈良奥山ドライブウェイの通行料金は

2007年1月現在

コース 軽乗用車 小・中型普通車 大型普通車 マイクロバス 貸切バス

新若草山コース(往復) 510円 510円 510円 1,260円 2,020円

奈良奥山コース(片道) 1,320円 1,720円 1,820円 3,870円 5,130円

高円山コース(往復) 610円 610円 610円 1,520円 2,420円

春日山原始林部分を通過する奈良奥山コース全線を通行すると、普通乗用車で2007年1月現在1720円の通行料がかかり、距離のわりに通行料金が高いことでも知られています。

距離に大差がない高円山コースだと610円で済みます。

これは、通行料金を高くすることで特別天然記念物かつ世界遺産である地域を通過する自動車の総量を抑制しているためであります。

また、この区間は同様の理由で幅員が狭い一方通行の未舗装道路(ダート)区間となっている。なお、深夜は閉鎖されず無料開放されます。

三笠山と高円山にはそれぞれ宿泊施設があるが、最短の往復コースのみ入口料金所で申し出ることにより無料で通行できます。

ただし、奈良奥山コースは無料にならないです。

奈良市東部、若草山・春日山・高円山山中を走る有料ドライブウェイであります。

入口(料金所)は正倉院裏側の北側と高円山麓の南側の2箇所です。

多くは2車線の舗装道路となっているが、特別天然記念物かつ世界遺産である春日山原始林部分は北側から南側への一方通行の未舗装道路となっています。

通行コースとしては、

北側から入り、若草山山頂付近の検札所で折り返す新若草山コース(7.4km)

北側から入り、南側まで全線を通り抜ける奈良奥山コース(13.0km)

南側から入り、地獄谷石仏群付近の検札所で折り返す高円山コース(10.6km)

の3つがあり、それぞれ通行料金や入り口が異なります。

全線にわたり見所が多く、駐車スペースもそれぞれの場所に完備されています。

料金所で見所を明記したパンフレットを配布しています。

三笠山頂上や高円山頂上に簡単にアクセスできることは大きな利点であります。

路側の展望台のように駐車スペースで楽しめる場所もあるが、多くは駐車スペースから数分から10分あまり歩く場所に石仏や滝などがあることが多いので、できれば時間に充分な余裕を持たせた上で、歩きやすい靴を履くほうが楽であります。
posted by gonta at 07:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路

信貴生駒スカイライン 近畿日本鉄道(近鉄)が所有し、子会社の近鉄レジャーサービスが管理する一般自動車道で、生駒山地を南北に通過する有料道路

信貴生駒スカイライン(しぎいこまスカイライン)とは、近畿日本鉄道(近鉄)が所有し、子会社の近鉄レジャーサービスが管理する一般自動車道で、生駒山地を南北に通過する有料道路であります。

信貴生駒スカイラインの通行料金は

区間 乗用車 マイクロバス 大型バス・貨物自動車

登山口→宝山寺(片道) 350円 850円 1,400円

登山口⇔宝山寺⇔生駒山上(往復) 700円 1,700円 2,800円

高安山⇔信貴山門(往復) 950円 2,400円 3,800円

全線片道(登山口〜宝山寺〜信貴山門) 1,300円 3,250円 5,200円

全線往復(登山口〜宝山寺〜信貴山門) 1,900円 4,750円 7,650円

登山口〜生駒山麓公園間は無料で通行可です。

料金所は聖天口、生駒山上、信貴山門に設置です。

営業時間は

11月〜2月:6時30分〜23時

月〜6月 :同〜24時

7月〜8月 :同〜翌2時

9月〜10月:同〜24時

信貴生駒スカイラインの路線の概要は

山上線

区間:阪奈道路登山口 - 生駒山上駐車場

距離:4.5km

開業:1958年8月6日

幅員:7m

宝山寺線

区間:山上線聖天口 - 生駒聖天駐車場

距離:2.3km

開業:1960年12月30日

幅員:6.5m

信貴山線

区間:生駒山上駐車場 - 信貴山駐車場

距離:14.1km

開業:1964年4月28日

幅員:6.5m
posted by gonta at 07:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路

南阪奈道路 大阪府堺市美原区から奈良県葛城市に至る延長約16.9kmの自動車専用道路

南阪奈道路(みなみはんなどうろ)は、 大阪府堺市美原区から奈良県葛城市に至る延長約16.9kmの自動車専用道路であります。

南阪奈道路は、地域高規格道路であります 。

南阪奈道路として国道165号大和高田バイパスも含まれます。

事業者が区間により、大阪府、西日本高速道路、国土交通省、奈良県の4者という複雑な路線であります。

現在、自動車専用部は大阪府道路公社と西日本高速道路が管理します。

供用1年間の一日の平均交通量は約15,000台で、西名阪自動車道の渋滞緩和に大きく貢献しているが、大阪府道路公社の計画一日交通量27,000台には遠く及ばない状態となっています。

南阪奈道路のインターチェンジは

南阪奈有料道路(大阪府道路公社管理)

大阪府道32号美原太子線

12-1 美原JCT (阪和自動車道に接続)

1 美原IC(大阪府道36号泉大津美原線)

TB たじはや本線TB

2 美原東IC(大阪府道32号美原太子線)

3 羽曳野IC (国道170号)

南阪奈道路(西日本高速道路管理)

国道166号

3 羽曳野IC(国道170号)

4 羽曳野東IC (国道166号)

5 太子IC(南河内グリーンロード)

6 葛城IC(奈良県道30号御所香芝線)

弁之庄ランプ(国道165号大和高田バイパスに接続)

(橿原大和高田IC/JCT予定)(京奈和自動車道:計画)

南阪奈道路の通過市町村は

大阪府

堺市美原区 - 羽曳野市 - 堺市美原区 - 羽曳野市 - 堺市美原区 - 羽曳野市 - 南河内郡太子町 -

奈良県

葛城市

規格:第1種第3級(自動車専用部)

車線数

美原JCT〜羽曳野IC:完全4車線

羽曳野IC〜葛城IC:暫定2車線(太子IC付近4車線区間、葛城IC→太子IC登坂車線有)

設計速度

美原JCT〜羽曳野IC間:80km/h

羽曳野IC〜葛城IC間:70km/h
posted by gonta at 07:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路

第二阪奈有料道路 大阪府東大阪市の西石切ランプから奈良県奈良市の宝来ランプに至る延長13.4kmの一般国道308号のバイパスで、自動車専用道路

第二阪奈有料道路(だいにはんなゆうりょうどうろ)は、大阪府東大阪市の西石切ランプから奈良県奈良市の宝来ランプに至る延長13.4kmの一般国道308号のバイパスで、自動車専用道路であります。

第二阪奈有料道路は、大阪府道路公社、ならびに奈良県道路公社が有料道路として管理しています。

第二阪奈道路として地域高規格道路の計画路線に指定されています(将来は西日本高速道路か国土交通省が管理する計画があります)。

西石切ランプからは阪神高速道路13号東大阪線に接続しており、大阪市内と奈良市内を最短で結びます。

西石切ランプ - 壱分ランプ間の阪奈トンネル約5.6kmは危険物積載車両は通行禁止、またはその積載する品目が制限されています。

また、トンネル出入口付近の数十メートル以外は車線変更禁止となっています。

なお、名称に「第二」を冠しているのは大阪府道・奈良県道8号大阪生駒線と奈良県道1号奈良生駒線が阪奈道路と呼ばれているためであります(阪奈道路も1981年までは有料でありました)。

また、全線ETCの利用はできないが、2009年3月までに全線でETCの利用ができるようになる予定で2007年末から工事を行う予定であります。

通行料金は高いものの国道308号線の旧道の整備レベルが低いため、交通量は多いです。

西石切ランプ(国道308号一般部接続点 国道170号大阪外環状線)

壱分ランプ(国道168号)2009年、ETCレーン設置完了予定  

小瀬料金所(国道168号、国道308号)2009年、ETCレーン設置完了予定
中町ランプ

宝来ランプ(国道308号一般部接続点 阪奈道路)

第二阪奈有料道路の通行料金は

第二阪奈道路全線(西石切ランプ〜宝来ランプ)間は800円(軽自動車650円、中型車950円、大型車1350円、特大車2350円)。

西石切ランプ〜壱分ランプ間は600円(軽自動車500円、中型車700円、大型車1000円、特大車1650円)。

小瀬ランプ〜宝来ランプ間は250円(軽自動車200円、中型車300円、大型車400円、特大車700円)。

起点:大阪府東大阪市西石切町

終点:奈良県奈良市宝来町

全長:13.4km

車線数:4車線

制限速度:60km/h

道路規格:第1種第3級(自動車専用道路)

道路種別:地域高規格道路
posted by gonta at 07:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路

芦有ドライブウェイ 一般自動車道

芦有ドライブウェイ(ろゆうドライブウェイ)は、芦有開発株式会社が経営する一般自動車道であります(有料道路)。

芦有ドライブウェイの料金は

料金は、芦屋IC〜有馬IC直通と宝殿ICで降りる場合の2種類が存在します。

また、奥池、展望台、芦屋ハイランドを利用する場合など、同一ICから入出路する場合は、宝殿ICを利用する場合と同額となっています。

車種 芦屋 - 宝殿

宝殿 - 有馬 芦屋 - 有馬 芦屋 - 有馬
(往復割引)

自動二輪(125cc超) 280 560 840

普通自動車 400 800 1,200

マイクロバス 1,000 2,000 3,000

大型自動車 1,600 3,200 4,800

上記のほか、普通車のみ定期通行券(1ヶ月7,800円)も販売されています。

芦有ドライブウェイの路線バスは

以下の路線バスが芦有ドライブウェイ経由で運行されています。

阪急バス(芦屋浜営業所、山口営業所)

阪神芦屋 - JR芦屋 - 阪急芦屋川 - 芦屋ハイランド

阪神芦屋 - JR芦屋 - 阪急芦屋川 - 奥池 - 展望台 - 有馬温泉( - 山口営業所)

※路線開設当初は芦有会社の運営する「芦有バス」が運行を担っていたが、1977年に阪急バスに移管した。なお、当時の車庫は芦屋ゲート横にありました。

芦有ドライブウェイは、延長10.7km。兵庫県芦屋市、西宮市、神戸市北区にまたがります。

1961年9月21日に供用開始しました。

芦屋市奥池町付近に住宅地があるが、当道路を利用しないと芦屋市街地に出ることができないとして、この地域の住民から芦屋市へ買い取りの陳情が出されています。

しかし芦屋市は圧倒的に海沿いの市街地の住民が多いため、この問題については理解が得られるまでには至っていないです。








芦有ドライブウェイのインターチェンジは

有馬IC

宝殿IC

芦屋IC
posted by gonta at 06:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路

遠阪トンネル有料道路 兵庫県丹波市と朝来市の間にある、兵庫県道路公社が管理・運営している一般有料道路

遠阪トンネル有料道路(とおさかトンネルゆうりょうどうろ)は、兵庫県丹波市と朝来市の間にある、兵庫県道路公社が管理・運営している一般有料道路であります。

1977年(昭和52)5月開通。道路延長は4.7km、うち2.6km(2,585m)がトンネルとなっています。

一般に遠阪トンネルという略称で呼ばれています。

遠阪トンネル有料道路の通行料金は

普通車料金:300円

中型車料金:350円

大型車料金:500円

特大車料金:850円

軽自動車等:200円

遠阪トンネル有料道路周辺には

丹波市

高源寺

丹波少年自然の家

パラグライダー・スクール

朝来市

ヒメハナ公園

よふど温泉

楽音寺

遠阪トンネル有料道路の通過市町村は

兵庫県丹波市 - 朝来市
posted by gonta at 09:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路

新神戸トンネル有料道路 神戸市中央区二宮町から、北区山田町に至る有料道路

新神戸トンネル有料道路(しんこうべトンネルゆうりょうどうろ)は、神戸市中央区二宮町から、北区山田町に至る有料道路である主要市道生田川箕谷線であります。

新神戸トンネル、第2新神戸トンネルの2本のトンネルから成り立ちます。

神戸市道路公社が管理しています。

この道路は、神戸中央線として地域高規格道路の計画路線に指定されています。

神戸市中心部から神戸市北部や三田、東播磨地区への大幅な時間短縮に一役を買っています。

市町村道としては日本最長のトンネル2本で構成されており、延長は新神戸トンネル(北行)8.5km(トンネル部分7.9km)、第2新神戸トンネル(南行)8.5km(トンネル部分8.1km)であります。

また、布引側で一部、山麓バイパスと路線を共有しています。

料金所は箕谷ICにあり、北行・南行とも箕谷料金所で料金を徴収しており、全線でETCが利用可能であります。

なお、危険物積載車は通行禁止であります。

この区間では多数の路線バス・高速バスが運行されており、特に神戸市営バスの急行64号系統(三宮〜箕谷駅・神戸北町)は有数のドル箱路線でもあります。

また、神姫バスの三宮駅〜三田・三木・西脇間の特急(路線によっては急行または快速)バスやフットバス(高松方面)などもここを通ります。

阪神高速道路7号北神戸線(箕谷出入口)と3号神戸線(生田川出入口)との乗り継ぎルートとしても使われており、3号神戸線の混雑時は7号北神戸線を経由して姫路・淡路島・徳島方面への迂回路として利用できます。

トンネル内の制限速度は60km/h、布引と箕谷IC付近の制限速度は40km/h(南行の新神戸駅出口付近は30km/h)です。

高速バスは

高松エクスプレス神戸フットバス・神戸フェリーバス高松フットバス
競合する高松エクプレス神戸、さぬきエクスプレス神戸、ハーバーライナー(高松・丸亀線)の標準経路である第二神明道路を通らず、定時性が高いことを同路線のパンフレットで売りにしています。

これ以外の高速バスでも、第二神明道路や阪神高速道路3号神戸線で通行止め、大渋滞が発生した場合は、阪神高速道路7号北神戸線経由、または一般道から新神戸トンネルに迂回することがあります。

全但バス 「夢千代号(神戸〜湯村温泉・浜坂駅)」・「かに王国号(神戸〜城崎温泉)」

京都交通・日交シティバス 神戸〜福知山・神戸〜舞鶴

路線バスは

神戸市営バス

急行64系統

回送時も使用します。

神姫バス

三田特急線

西脇急行線

恵比須快速線 阪神高速道路7号北神戸線も利用します。

阪急バス・神姫バス共同運行

三宮バスターミナル〜谷上駅〜有馬口〜有馬温泉
posted by gonta at 09:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路

ハーバーハイウェイ 神戸港の六甲アイランドからポートアイランドに至る延長10.5kmの有料道路

ハーバーハイウェイは、神戸港の六甲アイランドからポートアイランドに至る延長10.5kmの有料道路であります。

ハーバーハイウェイは、神戸市みなと総局(旧港湾整備局)が管理する、港湾法上の港湾施設(臨港交通施設)であります。

神戸市港湾施設条例にもとづき設置されました。

ハーバーハイウェイは、条例上の名称は港湾幹線道路であります。

阪神高速5号湾岸線の延伸計画が進んでいないため、結果的に5号湾岸線から3号神戸線・ポートアイランド・神戸空港(マリンエア)・三宮方面へ繋ぐ役割をする道路になっています。

ハーバーハイウェイの通行料金は、全線では全車種とも200円であります。(自動二輪車は無料)

制限速度は60km/hだが、ほとんどの車は少なくとも80km/h以上出しているので走行には注意が必要であります。

ハーバーハイウェイのインターチェンジは

住吉浜出入口(阪神高速道路5号湾岸線)

高羽ランプ

料金所

摩耶ランプ

新港ランプ(阪神高速道路3号神戸線 京橋出入口)(国道2号)(神戸大橋)





なお、全線ETCは利用できない。
posted by gonta at 09:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路

西宮北道路 兵庫県西宮市越水字社家郷山から同市山口町船坂までの、西宮市北部と中心部を結ぶ有料道路

西宮北道路(にしのみやきたどうろ)は、兵庫県西宮市越水字社家郷山から同市山口町船坂までの、西宮市北部と中心部を結ぶ有料道路であります。

西宮北道路は、兵庫県道82号大沢西宮線の船坂峠部分を盤滝トンネルにより結び、1992年3月25日に供用開始しました。

また、南伸区間が2004年3月27日より供用開始されています。

この区間は、当初開通区間の開通以来阪神間北部や北神地域の開発が進み、当初の予想交通量を大きく上回る交通量があったため、有料道路より約1km南側に位置する甲寿橋交差点等がボトルネックとなり慢性的な交通渋滞がたびたび発生していました。

これを解消するために、有料区間と接続する甲寿橋交差点の立体交差化や現道の一部区間について道路線形改良等の南伸事業が進められて開通したものであります。

西宮北道路は、兵庫県道路公社が管轄しています。

西宮北道路の周辺には

有馬温泉

六甲山

甲山森林公園

北山緑化植物園

西宮北道路の通行料金は

普通車:250円

大型車I:400円

大型車II:900円

軽自動車等:200円

軽車両等:30円

(自転車・人は通行不可)

また11回券・60回券・100回券の回数券も発売されています。
posted by gonta at 10:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路

六甲北有料道路 神戸市の北部と三田市に位置する神戸三田国際公園都市と、神戸市中心部や阪神間を結ぶ有料道路

六甲北有料道路(ろっこうきたゆうりょうどうろ)は、神戸市の北部と三田市に位置する神戸三田国際公園都市と、神戸市中心部や阪神間を結ぶ有料道路であります。

六甲北有料道路は、神戸市道路公社が管理であります。

地域高規格道路の計画路線に指定されています。


別名「北神バイパス」であります。

中国自動車道・山陽自動車道・阪神高速道路と接続し、兵庫県下において主要高速道路のハブ機能を担う。

一方当道路周辺地域においては、人口・企業定着の遅れ、大型トラック等の走行による排気・騒音、計画通行量に対する実績の下回りによる料金徴収低下等の問題を抱えます。

六甲北有料道路はインターチェンジ

唐櫃IC(六甲有料道路、有馬街道)

柳谷JCT(阪神高速道路7号北神戸線)

柳谷IC

吉尾IC(兵庫県道82号大沢西宮線)

(1) 神戸北IC(山陽自動車道)

大沢IC

長尾IC

(5-2) 神戸三田IC(中国自動車道)

六甲北有料道路の沿線施設は

神戸三田国際公園都市

神戸市立フルーツフラワーパーク

概要

陸上距離:13.0km(4車線区間5.2km含む)

起点:神戸市北区有野町唐櫃

終点:神戸市北区上津

車線数:2車線/4車線

幅員:8.0m(4車線区間16.25m)
posted by gonta at 10:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路

六甲有料道路 1967年に開通した、六甲山を貫いて兵庫県神戸市北区有野町から灘区高羽を結ぶ延長7.8kmの有料道路

六甲有料道路(ろっこうゆうりょうどうろ)は、1967年に開通した、六甲山を貫いて兵庫県神戸市北区有野町から灘区高羽を結ぶ延長7.8kmの有料道路であります。

六甲有料道路は、神戸市道路公社が管理しています。

2002年6月1日に料金体系の見直しが有り、朝夕のラッシュ時以外の料金が乗用車・軽自動車・二輪が半額になるとともに表・裏六甲ドライブウェイは無料化されました。

六甲有料道路のインターチェンジは

六甲山トンネル南入り口(表六甲ドライブウェイ)

六甲山トンネル料金所(裏六甲ドライブウェイ)

唐櫃南IC(阪神高速道路7号北神戸線 からと西出入口)

からと東出入口(阪神高速道路7号北神戸線)

唐櫃IC(六甲北有料道路)

通行料金は

普通車 200円(日中・夜間は100円)

別名は

兵庫県道95号灘三田線

六甲山トンネル


posted by gonta at 09:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路
バイク買取専門店バイクワン

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。