隼人道路 鹿児島県霧島市と姶良郡加治木町を結ぶ延長7.3kmの国道10号バイパス

隼人道路(はやとどうろ)は、鹿児島県霧島市と姶良郡加治木町を結ぶ延長7.3kmの国道10号バイパスであります。

隼人道路全線が東九州自動車道に並行する一般国道自動車専用道路であります。

この区間は西日本高速道路が管理しています。

隼人道路は、1992年3月供用開始です。

隼人道路のインターチェンジは

41 隼人東IC(東九州自動車道)

42 隼人西IC

(25) 加治木IC(国道10号加治木バイパス)

(25-1) 加治木JCT(九州自動車道)

起点 鹿児島県霧島市隼人町住吉

終点 鹿児島県姶良郡加治木町反土

全長 7.3km

規格

道路幅員

車線数 暫定2車線

車線幅員

設計速度

償還完了予定 2022年3月24日
posted by gonta at 08:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路

鹿児島道路 鹿児島県いちき串木野市から同県鹿児島市に至る延長約22.2kmの国道3号のバイパス

鹿児島道路(かごしまどうろ)は、鹿児島県いちき串木野市から同県鹿児島市に至る延長約22.2kmの国道3号のバイパス(自動車専用道路)であります。

鹿児島道路は、南九州西回り自動車道(高規格幹線道路)の一部であります。

鹿児島道路のインターチェンジ

21 市来IC

BS 東市来BS

PA/22 美山PA/IC

TB 美山本線TB

BS 伊集院BS

23 伊集院IC

24 松元IC/TB

BS 松元BS

25 鹿児島西IC

(29) 鹿児島IC(九州自動車道・指宿スカイライン・鹿児島東西道路)
posted by gonta at 08:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路

指宿スカイライン 鹿児島県鹿児島市から、同県指宿市に至る一般有料道路

指宿スカイライン(いぶすきすかいらいん)は、鹿児島県鹿児島市から、同県指宿市に至る一般有料道路であります。

指宿スカイラインは鹿児島県道路公社が管理しています。

指宿スカイラインの略称「指スカ(いぶスカ)」です。

区間によって通行料金や通行区分が異なるという、例にない有料道路であります。

また、鹿児島ICから谷山ICまでは片側2車線・自動車専用道路で南薩縦貫道(地域高規格道路)の一部を構成しているが、以降は片側1車線となる上、センターラインが引かれているのみで上下線が分離されていないです。

指宿スカイラインの錫山ICのように右折で出口に進入するインターチェンジがあるほか、3ヶ所に設けられている展望施設へも、上下線から同一駐車場に乗り入れる形となっています。

なお、頴娃IC以降の無料区間鹿児島県道17号指宿鹿児島インター線も同様に、指宿スカイラインと呼ばれます。

指宿スカイラインのインターチェンジは

(29) 鹿児島IC(九州自動車道・南九州西回り自動車道・鹿児島東西道路)

山田本線TB(本線料金所)

山田IC

中山IC

谷山IC (南薩縦貫道:計画)

谷山本線TB(本線料金所)

錫山IC

川辺IC(国道225号)

知覧IC

頴娃IC

指宿スカイラインの接続道路は

九州自動車道(鹿児島ICで直結)

南九州西回り自動車道(鹿児島ICで接続(※一般道経由))
posted by gonta at 07:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路

延岡南道路 宮崎県延岡市と東臼杵郡門川町を結ぶ延長6.1kmの国道10号バイパス

延岡南道路(のべおかみなみどうろ)は、宮崎県延岡市と東臼杵郡門川町を結ぶ延長6.1kmの国道10号バイパスであります。

延岡南道路は、延岡南IC〜門川IC間は東九州自動車道に並行する一般国道自動車専用道路であり、この区間は西日本高速道路が管理しています。

延岡南道路は、全国路線網の1つであります。

延岡南道路のインターチェンジ
(無料区間)

国道10号交点

23 延岡南IC(延岡道路)
(有料区間)

23 延岡南IC(延岡道路)

門川料金所

24 門川IC (東九州自動車道)

起点:宮崎県延岡市塩浜町一丁目

終点:宮崎県東臼杵郡門川町大字加草

全長:6.1km(うち有料区間3.7km)

規格:第1種第3級

道路幅員:

車線数:暫定2車線

車線幅員:

設計速度:80km/h

料金徴収期限:2050年(平成62年)8月15日
posted by gonta at 07:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路

小倉ヶ浜有料道路 起点を宮崎県日向市大字日知屋、終点を日向市大字財光寺とする一般有料道路

小倉ヶ浜有料道路(おぐらがはまゆうりょうどうろ)は、起点を宮崎県日向市大字日知屋、終点を日向市大字財光寺とする一般有料道路であります。

小倉ヶ浜有料道路は、宮崎県道路公社が管理しています。

小倉ヶ浜有料道路は、1984年3月30日供用開始です。

路線名 宮崎県道15号日知屋財光寺線

延長 0.32km

道路区分 第4種第2級

料金(普通車) 100円
posted by gonta at 06:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路

一ツ葉道路 宮崎県宮崎市吉村町から同市佐土原町大字下那珂に至る北線と、宮崎県宮崎市高洲町から宮崎市大字郡司分に至る南線からなる有料道路

一ツ葉道路(ひとつばどうろ)は、宮崎県宮崎市吉村町から同市佐土原町大字下那珂に至る北線と、宮崎県宮崎市高洲町から宮崎市大字郡司分に至る南線からなる有料道路であります。

周辺道路の案内標識や領収書では一ツ葉有料道路(ひとつばゆうりょうどうろ、Hitotsuba Toll Road)と表記されています。

一ツ葉道路全区間が宮崎県道10号宮崎インター佐土原線であり、宮崎東環状道路(地域高規格道路)の一部を構成しています。

なお、一ツ葉道路の有料区間は宮崎県道路公社が管理しています。

北線は松林の上を走る絶景のオーシャンビューロードであります。

一ツ葉道路のインターチェンジは

南線

(5) 宮崎IC(宮崎自動車道)

本郷北方IC

田吉IC

赤江IC/料金所

田代町(交差点)

(この間、一般道路)

北線

一ツ葉橋南交差点

中央市場東交差点

マリーナ前IC

シーガイアIC

一ツ葉PA

料金所

住吉IC

原口IC(国道10号)
posted by gonta at 06:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路

久住高原ロードパーク 岩崎産業株式会社(鹿児島県鹿児島市)が運営する一般自動車道

久住高原ロードパーク(くじゅうこうげんロードパーク)は、岩崎産業株式会社(鹿児島県鹿児島市)が運営する一般自動車道であります。

久住高原ロードパークは、大分県竹田市久住(旧直入郡久住町)の大分県道・熊本県道11号別府一の宮線から久住高原の北側を通り、同市の国道442号付近に至る延長8.8kmの有料道路であります。

佐多岬ロードパークが2007年4月26日付けで道路法に基づく道路に昇格(変更)されたことから、現在では、九州唯一の一般自動車道となってしまいました。

久住高原ロードパーク道路からは久住山、祖母山、阿蘇山の景色がきれいに堪能でき、観光道路としての役目を果たしています。

久住高原ロードパークは、普通車の通行料金は500円と少々高めであるが利用者は多めであります。

かつては道路の中腹部に阿蘇山や久住高原などの景色を眺めながら食事ができるレストラン、物産館があったのだが利用者数減少の理由で2001年3月に閉店しました。
posted by gonta at 09:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路

宇佐別府道路 大分県の宇佐市と速見郡日出町を結ぶ延長22.4kmの一般国道10号バイパス

宇佐別府道路(うさべっぷどうろ)は、大分県の宇佐市と速見郡日出町を結ぶ延長22.4kmの一般国道10号バイパスであります。

宇佐別府道路は、全線が東九州自動車道に並行する一般国道自動車専用道路でもあります。

宇佐別府道路は、西日本高速道路が一般有料道路として管理しています。

北大道路の一部を構成しており、宇佐道路と大分自動車道を結びます。

宇佐別府道路は、全国路線網の1つであります。

宇佐別府道路は、ほぼ全線が山間部を通り、沿線沿いの地域は霧が発生しやすいです。

しばしば速度規制となり、視界が非常に悪いときは通行止めとなる事もあります。

宇佐別府道路のインターチェンジは

9 宇佐IC(宇佐道路)

10 院内IC/TB (東九州自動車道:予定)

11 安心院IC/BS

12 大分農業文化公園IC

13 速見IC(大分自動車道・日出バイパス(大分空港道路))

起点:大分県宇佐市大字山本

終点:大分県速見郡日出町大字南畑

全長:22.4km

規格:第1種第3級

道路幅員:20.5m

車線数:暫定2車線

車線幅員:m

設計速度:80km/h

料金徴収期限:2050年(平成62年)8月15日
posted by gonta at 09:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路

米良有料道路 大分県大分市大字片島から、同市大字羽田に至る大分県道路公社が管理する延長2.0kmの一般有料道路

米良有料道路(めらゆうりょうどうろ)は、大分県大分市大字片島から、同市大字羽田に至る大分県道路公社が管理する延長2.0kmの一般有料道路であります。

米良有料道路は、主要地方道大分県道56号中判田下郡線の一部を構成しています。

米良有料道路は、米良バイパスとも呼ばれます。

起点は大分自動車道大分米良ICであり、大分自動車道と大分市中心部や大分臨海工業地帯との間のアクセス道路として重要であります。

また、国道10号大分南バイパスと起点で接続しているため連続して利用されることも多く、大分市中心部と大分市以南の国道10号、国道57号および国道326号沿線を結ぶルートとしても重要であります。

この区間を利用しない場合従来の国道10号を利用することとなるが、一部で2車線区間もあり慢性的に渋滞が発生します。

本道路の利用はこの渋滞の回避に有効であります。

米良有料道路の通行料金は

普通車:150円

大型車(1):260円

大型車(2):570円

軽自動車等:100円

軽車両等:20円

11回、60回および100回の回数通行券が販売されています。
posted by gonta at 08:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路

大野川大橋有料道路 大分県大分市の大野川をまたぐ橋梁大在大橋からなる、延長1.1kmの一般有料道路

大野川大橋有料道路(おおのがわおおはしゆうりょうどうろ)は、大分県大分市の大野川をまたぐ橋梁大在大橋からなる、延長1.1kmの一般有料道路であります。

大野川大橋有料道路は、主要地方道大分県道22号大在大分港線の一部を構成、国道197号のバイパスとしての役割を担っています。

大野川大橋有料道路は、2004年より、同国道の渋滞を緩和するための社会実験と割引施策が実施されました。

大野川大橋有料道路の通行料金は

普通車 100円(50円)

大型車(1) 150円(80円)

大型車(2) 360円(180円)

軽自動車等 70円(40円)

軽車両等 10円

11回、60回および100回の回数通行券が発売されています。

また、カッコ内は、平日の朝夕のみ利用できる10回の回数券スイスイクーポンを使用した場合の料金(いずれも2006年4月現在)であります。
posted by gonta at 08:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路

日出バイパス 大分自動車道・宇佐別府道路速見IC〜日出ICを結ぶ延長9.0kmの自動車専用道路のバイパス

日出バイパス(ひじバイパス)は、大分自動車道・宇佐別府道路速見IC〜日出ICを結ぶ延長9.0kmの自動車専用道路のバイパスであります。

日出バイパスの路線名は国道10号であります。

日出バイパスは、西日本高速道路が一般有料道路として管理している全国路線網の1つであります。

日出バイパスは、日出ICで接続する大分空港道路とともに、地域高規格道路大分空港道路を構成します。

日出バイパスのインターチェンジは

(13) 速見IC(大分自動車道・宇佐別府道路(東九州自動車道:予定))

1 日出IC(大分空港道路延伸部)

日出バイパス料金支払い

日出バイパスから大分自動車道または宇佐別府道路を利用する場合

速見ICで通行券(「速見本線」と記載)を入手し、目的地での流出の際に日出バイパスの通行料金をあわせて徴収されます。

大分自動車道または宇佐別府道路から日出バイパスを利用する場合

出発地から速見ICまでの通行料金と日出バイパスの通行料金があわせて徴収されます。

日出バイパスのみを利用する場合

上下線とも速見ICにて通行料金を徴収されます。

日出ICには料金所はないです。

また、いずれも大分空港道路の料金は別途扱いになります。

起点:大分県速見郡日出町南畑字札ノ辻4927番地の267(速見IC)

終点:大分県速見郡日出町藤原字里2353番地の10(日出IC)

全長:9.0km

車線数:2車線

道路規格:道路構造令第1種第3級(設計速度 80km/h)

料金徴収期限:2050年(平成62年)8月15日
posted by gonta at 08:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路

大分空港道路 大分県速見郡日出町と大分空港を結ぶ地域高規格道路

大分空港道路(おおいたくうこうどうろ)は、大分県速見郡日出町と大分空港を結ぶ地域高規格道路であります。

大分空港道路は、国道10号日出バイパスと国道213号および大分県道404号糸原杵築線のバイパスから構成されます。

一般的に大分空港道路は先行開通区間である国道213号日出交点〜国道213号安岐交点間および、その延伸部を指し、この区間は大分県道路公社が一般有料道路として管理しています。

大分空港道路は、全線が自動車専用道路であります。

大分空港道路の通過市町村は

大分県

速見郡日出町 - 杵築市 - 国東市

大分空港道路のインターチェンジは

国道10号日出バイパス(有料)

国道213号大分空港道路(延伸部)(有料)

1 日出IC

2 藤原JCT

国道213号大分空港道路(有料)

国道213号日出交点

(2) 藤原JCT

PA 相原PA(下り線のみ)

3 杵築IC/TB(本線料金所)

4 安岐IC

国道213号大分空港道路(無料)

4 安岐IC

国道213号安岐交点

大分空港道路の通行料金は

全線を走行する場合(日出IC・藤原JCT←→安岐IC・かっこ内は往復料金)

普通車 500円(800円)

軽自動車等 300円(480円)

大型車T 700円(1280円)

大型車U 1700円(3110円)

一部区間のみの場合(日出IC・藤原JCT←→杵築IC・安岐IC←→杵築IC)

普通車 250円

軽自動車等 150円

大型車T 350円

大型車U 850円

往復利用の場合、往路の際に料金収集員に「往復」と申し出ると、通常料金よりも安く設定された往復料金で通行できます。

杵築ICに料金所が本線上とランプの2箇所にあり、その他のIC・出入口に料金所はないです。

杵築ICを除く区間で利用する場合は「全線」を利用したということになり、杵築ICの本線料金所で通行料金を支払います。

日出バイパスの通行料金は別途扱いとなります。

料金支払いは現金または回数券のみでETCまたはクレジットカードでの支払いは出来ないです。

国道213号大分空港道路(延伸部)

始点:大分県速見郡日出町大字藤原(日出IC)

終点:大分県速見郡日出町大字藤原(藤原JCT)

距離:2.5km

道路幅員:10.5m

車線数:暫定2車線

車線幅員:3.5m

国道213号大分空港道路および大分県道404号糸原杵築線

始点:大分県速見郡日出町大字大神

終点:大分県国東市安岐町塩屋

距離:20.4km

道路幅員:10.5m

車線数:暫定2車線

車線幅員:3.5m

起点から杵築インターチェンジまでは国道213号、杵築インターチェンジから終点までは大分県道404号糸原杵築線であります。


posted by gonta at 08:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路

八代日奈久道路 熊本県八代市内を通過する延長約12kmの国道3号のバイパス

八代日奈久道路(やつしろひなぐどうろ)は、熊本県八代市内を通過する延長約12kmの国道3号のバイパス(自動車専用道路)であります。

八代日奈久道路は、南九州西回り自動車道(高規格幹線道路)の一部であります。

八代日奈久道路のインターチェンジは

(18-1) 八代JCT(九州自動車道)

1 八代南IC

TB 日奈久本線TB

2 日奈久IC(日奈久芦北道路)

起点 熊本県八代市東片町(八代JCT)

終点 熊本県八代市日奈久下西町(日奈久IC)

全長 12.0km

規格 第1種第2級

料金徴収期限:2050年(平成62年)8月15日

設計速度 100km/h
posted by gonta at 07:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路

松島有料道路 起点を熊本県上天草市松島町今泉、終点を上天草市松島町合津とする一般有料道路

松島有料道路(まつしまゆうりょうどうろ)は、起点を熊本県上天草市松島町今泉、終点を上天草市松島町合津とする一般有料道路であります。

松島有料道路は、熊本県道路公社が管理しており、暫定2車線での供用となっています。

松島有料道路は、地域高規格道路「熊本天草幹線道路」の一部です。

松島有料道路のインターチェンジは

合津IC

知十IC

※これより以南は松島有明道路となります。

松島有料道路の制限速度は

合津IC〜知十IC 70km/h

松島有料道路の通行料金は

軽自動車等 150円

普通車 200円

大型車(1) 300円

大型車(2) 700円

路線名 国道324号

起点 熊本県上天草市松島町今泉

終点 熊本県上天草市松島町合津

延長 3.3km

道路区分 第1種第3級

道路幅員 暫定10.5m

車線数 暫定2車線

設計速度 70km/h

料金徴収期間 30年間
posted by gonta at 07:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路

阿蘇山公園道路 熊本県阿蘇市にある有料道路。阿蘇山の山上広場から中岳へ向かう公園道路

阿蘇山公園道路(あそざんこうえんどうろ)は、熊本県阿蘇市にある有料道路であります。

阿蘇山の山上広場から中岳へ向かう公園道路でもあります。

阿蘇山公園道路は、火口付近の駐車場まで向かうことができます。

阿蘇山公園道路は、阿蘇市が直接管理しています。

注意点として、阿蘇山周辺には強い火山ガス(二酸化硫黄等)が発生しており、特に火山ガスが大量に発生している場合などには登山が禁止されます(過去に死亡事故が発生しています)。

この場合は出入口のゲートが閉鎖されて有料道路を利用すること、即ち火口見学ができなくなります。

阿蘇山公園道路の接続道路は

近くに熊本県道111号阿蘇吉田線

阿蘇山公園道路の通行料金は

普通車 560円

マイクロバス 1,580円

軽自動車 320円

原付 100円

往復料金も含めて請求されます。

出入口が分離されており、入口に料金所があるので重複で料金が請求されることはないです。
posted by gonta at 08:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路

佐世保道路 長崎県佐世保市内で建設中の自動車専用道路

佐世保道路(させぼどうろ)は、長崎県佐世保市内で建設中の自動車専用道路(全長約8km)であります。

佐世保道路は、将来的には一般国道497号西九州自動車道の一部となります。

佐世保道路は、全国路線網の1つであります。

現在は佐世保みなとIC〜佐世保大塔IC間(5.4km)のみの供用となっており、残りの佐世保IC〜佐世保みなとIC間(2.9km)は、国土交通省と西日本高速道路株式会社の合併施行であります。

佐世保道路は、2009年度に完成予定であります。

完成後は佐世保みなとICの料金所を撤去し、佐世保大塔IC〜佐世保みなとIC間の本線上に新たに設置する本線料金所にて料金を徴収です。

佐世保みなとICおよび佐世保ICも同額となる予定であります。

佐世保道路の区間は通行料金が安価であること、また並行する国道35号が混雑しやすいこともあり、通行量は多いです。

佐世保道路のインターチェンジは

<6> (佐世保IC:予定)(長崎県道26号佐世保港線)佐々佐世保道路と接続(2009年完成予定)

5 佐世保みなとIC

4 佐世保大塔IC(国道205号)

起点:長崎県佐世保市矢岳町

終点:長崎県佐世保市大塔町

全長:約8.3km

料金徴収期限:2050年(平成62年)8月15日
posted by gonta at 08:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路

仁田峠循環自動車道路 長崎県雲仙市および南島原市の雲仙天草国立公園内にある有料道路

仁田峠循環自動車道路(にたとうげじゅんかんじどうしゃどうろ)は、長崎県雲仙市および南島原市の雲仙天草国立公園内にある有料道路であります。

仁田峠循環自動車道路自然公園等内県営公園施設条例にもとづき、長崎県が設置しています。

仁田峠循環自動車道路の供用開始は1936年です。

仁田峠循環自動車道路の通行料(料金)は

大型バス 2,140円

マイクロバス 1,320円

普通車 770円

軽自動車 660円

二輪車 250円

入り口から順に第二展望所、第一展望所があります。

第二展望所は平成新山の火砕流跡から有明海まで一望可能で、遠くは九重連山まで望むことができます。

第一展望所には雲仙ロープウェイがあり,5月にはミヤマキリシマが周囲に咲き乱れます。

以前は雲仙温泉街からの定期バスが運行されていたが、現在は乗り合いタクシーが運行しています。

仁田峠循環自動車道路は、2009年4月から雲仙市に移管され,無料開放される予定であります。

なお 仁田峠循環自動車道路は全線にわたり左回りの一方通行となっています。
posted by gonta at 08:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路

西海パールライン有料道路 長崎県佐世保市から同県西海市に至る全線約5.0kmの地域高規格道路

西海パールライン有料道路(さいかいパールラインゆうりょうどうろ)は長崎県佐世保市から同県西海市に至る全線約5.0kmの地域高規格道路であります。

西海パールライン有料道路は、国道202号である西彼杵道路の一部であります。

西海パールライン有料道路は、全線が自動車専用道路として供用されている有料道路であります。

新西海橋を除けば全線が暫定2車線による対面通行供用であります。

西海パールライン有料道路のインターチェンジは

江上IC(長崎県道141号ハウステンボス線)

高畑PA

針尾IC/TB(国道202号)

(新西海橋)

小迎IC(国道202号)

西海パールライン有料道路の周辺には

ハウステンボス

針尾送信所

新西海橋

西海橋

起点:長崎県佐世保市江上町

終点:長崎県西海市西彼町小迎

全長:約5.0km

規格:第1種第3級

車線数:暫定2車線

設計速度:70km/h
posted by gonta at 08:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路

平戸大橋有料道路 長崎県平戸市にあり、同市の本土部(旧田平町)と平戸島を結ぶ全線約1.1kmの道路

平戸大橋有料道路(ひらどおおはしゆうりょうどうろ)は長崎県平戸市にあり、同市の本土部(旧田平町)と平戸島を結ぶ全線約1.1kmの道路であります。

平戸大橋有料道路は、国道383号の一部であり、平戸大橋が大半の区間を占めます。

平戸大橋有料道路は、維持管理有料制度が適用されており、長崎県道路公社が管理しています。

平戸大橋有料道路の通行料金は

普通車・中型車・軽自動車等 100円

大型車(I) 150円

大型車(II) 300円

軽車両等 10円

起点:長崎県平戸市岩の上町

終点:長崎県平戸市田平町小手田免

全長:約1.1km

車線数:2車線
posted by gonta at 08:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路

生月大橋有料道路 長崎県平戸市にある、延長1.1kmの一般有料道路

生月大橋有料道路(いきつきおおはしゆうりょうどうろ)は、長崎県平戸市にある、延長1.1kmの一般有料道路であります。

生月大橋有料道路の路線の主な部分は平戸島(旧平戸市)と生月島(旧生月町)を結ぶ生月大橋(いきつきおおはし)(後述)からなり、この道路の開通で離島だった生月島は平戸島と平戸大橋有料道路を通じて九州本島とつながりました。

生月大橋有料道路は、長崎県道路公社が管理しており、総工費約46億円です。

生月大橋有料道路の2004年度の通行台数921,920台です。

生月大橋有料道路は、県の統計資料によると、交通手段がフェリーのみであった完成前に比べ、供用開始2年目には観光客が約12倍になり、その3分の2が県外からの訪問客でありました。

同資料によると観光客数は1990年46,000人、1991年340,000人です。

1992年546,000人でありました。

また開通以後、毎年2月には、コースの一部にこの道路が含まれる「いきつきロード大会」というマラソン大会が開催されています。

2005年10月1日、長崎県出資分の返済を一部免除する形で、値下げが実施されました(大島大橋有料道路と同時です)。

現在の通行料金は、普通車は片道200円。この値下げを発表した金子原二郎知事(生月町出身)は、橋梁で結ばれている両自治体が、同日の市町村合併により新市制の平戸市となることも理由のひとつであるとしています。

生月大橋は

形式:曲弦下路鋼トラス橋

橋長:960m

最大支間長:400m

平戸島と生月島を隔てる辰の瀬戸と呼ばれる海域に架かるトラス橋であります。
posted by gonta at 08:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般有料道路
バイク買取専門店バイクワン

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。