隼人道路 鹿児島県霧島市と姶良郡加治木町を結ぶ延長7.3kmの国道10号バイパス

隼人道路(はやとどうろ)は、鹿児島県霧島市と姶良郡加治木町を結ぶ延長7.3kmの国道10号バイパスであります。

隼人道路は、全線が東九州自動車道に並行する一般国道自動車専用道路であり、この区間は西日本高速道路が管理しています。

隼人道路は、1992年3月供用開始です。

隼人道路のインターチェンジ

41 隼人東IC(東九州自動車道)

42 隼人西IC

(25) 加治木IC(国道10号加治木バイパス)

(25-1) 加治木JCT(九州自動車道)

起点 鹿児島県霧島市隼人町住吉

終点 鹿児島県姶良郡加治木町反土

全長 7.3km

規格

道路幅員

車線数 暫定2車線

車線幅員

設計速度

償還完了予定 2022年3月24日
posted by gonta at 08:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 専用道路

延岡南道路 宮崎県延岡市と東臼杵郡門川町を結ぶ延長6.1kmの国道10号バイパス

延岡南道路(のべおかみなみどうろ)は、宮崎県延岡市と東臼杵郡門川町を結ぶ延長6.1kmの国道10号バイパスであります。

延岡南道路の延岡南IC〜門川IC間は東九州自動車道に並行する一般国道自動車専用道路であり、この区間は西日本高速道路が管理しています。

延岡南道路は、全国路線網の1つであります。

延岡南道路のインターチェンジ

(無料区間)

国道10号交点

23 延岡南IC(延岡道路)

(有料区間)

23 延岡南IC(延岡道路)

門川料金所

24 門川IC (東九州自動車道)

起点:宮崎県延岡市塩浜町一丁目

終点:宮崎県東臼杵郡門川町大字加草

全長:6.1km(うち有料区間3.7km)

規格:第1種第3級

道路幅員:

車線数:暫定2車線

車線幅員:

設計速度:80km/h

料金徴収期限:2050年(平成62年)8月15日
posted by gonta at 08:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 専用道路

延岡道路 宮崎県延岡市北川町と延岡市を結ぶ延長20.6kmの国道10号バイパス

延岡道路(のべおかどうろ)は、宮崎県延岡市北川町と延岡市を結ぶ延長20.6kmの国道10号バイパスであります。

延岡道路全線が東九州自動車道に並行する一般国道自動車専用道路であります。

2005年4月23日に延岡JCT〜延岡南IC間7.8kmが開通し、この区間は無料で通行できます。

延岡IC〜北川IC間は現在建設中です。

延岡道路インターチェンジ

<21> (北川IC:予定)

22 延岡IC/JCT(北方延岡道路(九州横断自動車道延岡線)・延岡インターアクセス道路)

23 延岡南IC(延岡南道路)

起点:宮崎県延岡市北川町大字長井字上迫

終点:宮崎県延岡市伊形町

全長:20.6km

規格:第1種第2級

道路幅員:23.5m

車線数:暫定2車線(完成4車線)

車線幅員:3.5m

設計速度:100km/h
posted by gonta at 08:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 専用道路

宇佐別府道路 大分県の宇佐市と速見郡日出町を結ぶ延長22.4kmの一般国道10号バイパス

宇佐別府道路(うさべっぷどうろ)は、大分県の宇佐市と速見郡日出町を結ぶ延長22.4kmの一般国道10号バイパスであります。

宇佐別府道路の全線が東九州自動車道に並行する一般国道自動車専用道路でもあり、西日本高速道路が一般有料道路として管理しています。

宇佐別府道路は、北大道路の一部を構成しており、宇佐道路と大分自動車道を結びます。

宇佐別府道路全国路線網の1つであります。

宇佐別府道路は、ほぼ全線が山間部を通り、沿線沿いの地域は霧が発生しやすいです。

しばしば速度規制となり、視界が非常に悪いときは通行止めとなる事もあります。

宇佐別府道路のインターチェンジ

9 宇佐IC(宇佐道路)

10 院内IC/TB (東九州自動車道:予定)

11 安心院IC/BS

12 大分農業文化公園IC

13 速見IC(大分自動車道・日出バイパス(大分空港道路))

起点:大分県宇佐市大字山本

終点:大分県速見郡日出町大字南畑

全長:22.4km

規格:第1種第3級

道路幅員:20.5m

車線数:暫定2車線

車線幅員:m

設計速度:80km/h

料金徴収期限:2050年(平成62年)8月15日
posted by gonta at 08:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 専用道路

椎田道路 福岡県京都郡みやこ町徳永と築上郡築上町大字上ノ河内を結ぶ延長10.3kmの国道10号バイパスの一部を成す一般有料道路

椎田道路(しいだどうろ)は、福岡県京都郡みやこ町徳永と築上郡築上町大字上ノ河内を結ぶ延長10.3kmの国道10号バイパスの一部を成す一般有料道路であります。

椎田道路は、別名椎田バイパスです。

椎田道路の有料区間は東九州自動車道に並行する一般国道自動車専用道路であり、西日本高速道路が一般有料道路として管理しています。

北大道路の一部を構成しており、行橋バイパスと旧福岡県道1号豊前万田線区間を結びます。

椎田道路は、全国路線網の1つであります。

椎田道路のインターチェンジ

(無料区間)

辻垣IC(国道10号・行橋バイパス)

福岡県道58号交点(徳永仮出入口)

(有料区間)

福岡県道58号交点(徳永仮出入口)

4 築城IC

椎田本線料金所

5 椎田IC

築上町大字上ノ河内(東九州道椎田南IC設置予定地。現在は無料区間以外への流出入はできないです。)

(無料区間)

築上町大字上ノ河内(東九州道椎田南IC設置予定地。現在は有料区間以外への流出入はできないでう。)

中村IC

四郎丸IC

国道10号交点(山田交差点)(国道10号)

(事実上の無料区間)

築城ICと椎田ICはどちらも上り下り両方向への出入りが可能なうえ、料金所は築城〜椎田間の本線上にしか存在しないです。

このため、料金所手前で有料道路を降り、並行する県道58号椎田勝山線を通り、再び椎田道路に合流して料金所をパスする利用者が非常に多いです。

起点:福岡県京都郡みやこ町徳永(徳永交差点)

終点:福岡県築上郡築上町大字上ノ河内

全長:10.3km

規格:第1種第3級および第3種第1級

道路幅員:18.25〜25.0m

車線数:暫定2車線

車線幅員:

道路構造:道路構造令第1級第3種 

料金徴収期限:2050年(平成62年)8月15日
posted by gonta at 08:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 専用道路

北方延岡道路 宮崎県延岡市の延長11.0kmの国道218号バイパスで、九州横断自動車道延岡線に並行する一般国道自動車専用道路

北方延岡道路(きたかたのべおかどうろ)は、宮崎県延岡市の延長11.0kmの国道218号バイパスであります。

北方延岡道路は、九州横断自動車道延岡線に並行する一般国道自動車専用道路であります。


九州横断自動車道延岡線

蔵田仮出入口 国道218号 予定

北方IC 県道242号北方インター線

舞野仮出入口 国道218号

延岡IC・JCT 延岡道路

延岡インターアクセス道路

起点 宮崎県延岡市北方町蔵田

終点 宮崎県延岡市天下町

延長 11.0km

規格 第1種第2級

設計速度 100km/h

道路幅員 23.5m

車線数 暫定2車線(完成4車線)

2006年2月18日に舞野仮出入口 - 延岡JCT2.1kmが開通し、この区間は無料で通行できます。

2008年4月26日には北方IC - 舞野仮出入口が開通です。
posted by gonta at 09:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 専用道路

大洲道路 大洲IC - 大洲北只IC間の四国横断自動車道早期完成を図る目的と、大洲市内の国道56号の交通混雑緩和を目的に建設された高速自動車国道に並行する一般国道自動車専用道路

国道56号大洲道路(こくどう56ごうおおずどうろ)とは、大洲IC - 大洲北只IC間の四国横断自動車道早期完成を図る目的と、大洲市内の国道56号の交通混雑緩和を目的に建設された高速自動車国道に並行する一般国道自動車専用道路であります。

大洲道路は、2004年4月17日全線完成しました。

大洲道路の起終点共に高速自動車国道区間に向いたハーフインターチェンジの為、無料区間のみ通行するには、大洲北IC - 大洲南ICで乗り降りしなければならないです。

大洲道路は、2006年3月27日にほぼ4車線化が完成しました。

大洲道路のインターチェンジ

(16) (大洲IC)(松山自動車道松山方面)

17 大洲北IC(国道56号)

18 大洲冨士IC(国道197号)

19 大洲肱南IC(愛媛県道44号大洲野村線)

20 大洲南IC(国道56号、国道197号方面)

(21) (大洲北只IC)(松山自動車道西予宇和IC方面)

※()のICの所属は松山自動車道

路線名:四国横断自動車道、国道56号

全長:6.3km

道路構造:第1種第3級

道路幅員:20.5m

車線数:4車線(両端の松山自動車道接続部に暫定2車線区間を残す。)

車線幅員:3.5m

設計速度:80km/h(規制速度70km/h。但し、大洲IC〜大洲北ICの先の「冨士山トンネル」出口までは、60km/h)

事業費:420億円


posted by gonta at 08:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 専用道路

宇和島道路 津島IC - 宇和島北IC間の四国横断自動車道早期完成と一般国道56号の交通混雑緩和を目的とした、高速自動車国道に並行する一般国道自動車専用道路

宇和島道路(うわじまどうろ)は、津島IC - 宇和島北IC間の四国横断自動車道早期完成と一般国道56号の交通混雑緩和を目的とした、高速自動車国道に並行する一般国道自動車専用道路であります。

宇和島道路は、2005年度に宇和島市津島町岩松 - 津島IC間3.5kmが延伸部として事業化されました。

宇和島市津島町高田 - 同市保田間は2009年度の供用開始を目標に工事が進められています。

宇和島道路のインターチェンジ

24 宇和島北IC (松山自動車道)

25 宇和島朝日IC

26 宇和島坂下津IC

27 宇和島別当IC

28 宇和島南IC

<29> (津島IC:予定)(津島道路)

路線名:一般国道56号

起点:愛媛県宇和島市津島町岩松

終点:愛媛県宇和島市高串

全長:17.5km(うち6.2km供用)

規格:第1種第3級

道路幅員

津島IC - 宇和島北IC:20.5m

宇和島市津島町岩松 - 津島IC:10.5m

車線数

津島IC - 宇和島北IC:暫定2車線(完成4車線)

宇和島市津島町岩松 - 津島IC:完成2車線

設計速度:80km/h(規制速度60km/h)

事業費(津島IC - 宇和島北IC):約540億円(全体)(約390億円(暫定))
posted by gonta at 08:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 専用道路

国道56号中村宿毛道路 四国横断自動車道早期完成を図る目的と国道56号の交通混雑緩和を目的に建設された高速自動車国道に並行する一般国道自動車専用道路

国道56号中村宿毛道路(こくどう56ごうなかむらすくもどうろ)とは、四国横断自動車道早期完成を図る目的と国道56号の交通混雑緩和を目的に建設された高速自動車国道に並行する一般国道自動車専用道路であります。

国道56号中村宿毛道路は、現在、間IC〜平田IC(10.5km)を供用しています。(通行料無料です)。

なお、平田IC〜宿毛IC間は建設を促進するため、完成2車線で建設中であります。

また、2005年に一部区間が四車線化されました。

佐賀IC〜古津賀IC、宿毛IC〜津島ICの区間は、未だに予定路線のままで建設の目途は立っていない状態です。

中村宿毛道路のインターチェンジ

窪川佐賀道路方面(予定路線)

古津賀IC

(中村IC:事業中)

間IC

平田IC

(宿毛IC:事業中)

松山市方面(予定路線)

中村宿毛道路の今後の開通予定

2008年度 間IC〜中村IC

平成20年代半ば 平田IC〜宿毛IC

路線名:四国横断自動車道、国道56号

起点 高知県四万十市古津賀

終点 高知県宿毛市和田

全長 23.2km

規格 第1種第3級

設計速度 80km/h(規制速度70km/h)

車線数 4車線(現在は暫定2車線)(間インターチェンジ〜平田インターチェンジ)
posted by gonta at 07:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 専用道路

窪川佐賀道路 高知県高岡郡四万十町から幡多郡黒潮町に至る、高知自動車道に並行する一般国道56号

窪川佐賀道路(くぼかわさがどうろ)は、高知県高岡郡四万十町から幡多郡黒潮町に至る、高知自動車道に並行する一般国道56号(一般国道自動車専用道路、高速自動車国道に並行する一般国道自動車専用道路)であります。

窪川佐賀道路は、現在、都市計画決定の手続きを進めています。

金上野IC〜拳ノ川IC間は先行して一般国道56号片坂バイパスとして事業が進められています。

ちなみに、片坂バイパスは完成2車線であります。

窪川佐賀道路のインターチェンジ

<19> (窪川IC:予定)

<20> (金上野IC:予定、佐賀方面のみ接続)

<21> (拳ノ川IC:予定、窪川方面のみ接続)

<22> (佐賀IC:予定)
posted by gonta at 07:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 専用道路

須崎道路 高知県須崎市に整備されている国道56号のバイパス

須崎道路(すさきどうろ)は、高知県須崎市に整備されている国道56号のバイパスであります。

須崎道路のインターチェンジは

14 須崎東IC(高知自動車道、国道56号)

この間未開通

御手洗川仮出入口

15 池ノ内IC

下分仮出入口

<16> (須崎新荘IC:予定)(四国横断自動車道)


自動車専用道路(須崎東IC〜須崎新荘IC)とこれに並行する一般道路(吾井郷〜下分)の2路線が建設されております。

吾井郷〜御手洗川仮出入口の一般道路部分と、御手洗川仮出入口〜下分仮出入口の自動車専用道路部分がそれぞれ完成しています。

現在、既に完成している吾井郷〜御手洗川仮出入口〜下分仮出入口は一般道路として暫定供用されています。

須崎道路のうち、自動車専用道路部分は高知自動車道(四国横断自動車道)の窪川延伸時に高速自動車国道として高知自動車道に編入されることが決定しています。

当該区間は国土交通省が主体となって整備を行っているため、編入後も通行料は無料の予定であります。

そのため、土佐PA〜須崎東IC間に須崎東本線料金所が建設され開通以来使われていた須崎東ICの料金所は撤去されています。

2007年12月に、一般道路用の新須崎トンネルが供用され、従来の新須崎トンネルは自動車専用道路になるため歩道などの撤去工事を行っています。

2008年度に残りの自動車専用部が供用され全通します。
posted by gonta at 07:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 専用道路

高松東道路 香川県さぬき市津田町鶴羽から高松市檀紙町に至る一般国道11号のバイパス

国道11号 高松東道路(こくどう11ごう たかまつひがしどうろ)は、香川県さぬき市津田町鶴羽から高松市檀紙町に至る一般国道11号のバイパスであります。

高松東道路は、津田東ICから「三木町・高松市境」の区間が高速自動車国道に並行する一般国道自動車専用道路であります。

高松東道路の この自動車専用道路区間は、前後の高速自動車道区間を含めて「高松自動車道」と呼称されます。

高松東道路のインターチェンジ

11 津田東IC

SA/BS 津田の松原SA/津田BS

12 津田寒川IC

13 志度IC

BS 志度BS

14 さぬき三木IC

BS 獅子の里三木BS

高松東道路の通過する自治体は

香川県

さぬき市 - 木田郡三木町 - 高松市

高松東道路の制限速度は

津田東IC入口交差点 - 津田東IC 40km/h

津田東IC - さぬき三木IC 70km/h

さぬき三木IC - さぬき三木IC前交差点 40km/h

さぬき三木IC前交差点 - 香川大学医学部北交差点 50km/h

香川大学医学部北交差点 - 檀紙交差点 60km/h(法定速度)

高松東道路の車線数は

津田東IC - さぬき三木IC 片側1車線(暫定)・一部片側2車線あり

さぬき三木IC - 香川大学医学部北交差点 片側2車線

香川大学医学部北交差点 - 檀紙交差点 片側3車線

高松東道路の交差・接続している道路は

国道11号(香川県さぬき市)津田東IC入口交差点

香川県道38号三木牟礼線(香川県三木町)さぬき三木IC前交差点

香川県道147号太田上町志度線(香川県三木町)戸敷南交差点

香川県道42号小蓑前田東線(香川県道147号太田上町志度線重複)(香川県三木町)香川大学医学部北交差点

香川県道30号塩江屋島西線(香川県高松市)前田西町交差点

長尾街道(香川県高松市)水田交差点

香川県道10号高松長尾大内線(香川県高松市)東山崎町交差点

香川県道156号西植田高松線(香川県高松市)春日川新橋西詰交差点

香川県道43号中徳三谷高松線(香川県高松市)佐古東交差点

レインボーロード(香川県高松市)伏石町交差点

サン・フラワー通り(香川県高松市)太田下町交差点

香川県道280号高松香川線(香川県高松市)三条交差点

国道193号(国道492号重複)(香川県高松市)上天神町交差点

国道11号(国道32号・国道193号・国道492号重複)(香川県高松市)上天神町交差点

香川県道172号川東高松線(香川県高松市)上天神西交差点

国道32号(香川県高松市)峰山口交差点

香川県道172号川東高松線(香川県高松市)峰山口交差点

香川県道282号高松琴平線(香川県高松市)勅使交差点

香川県道266号勅使室新線(香川県高松市)勅使交差点

国道11号(香川県高松市)檀紙交差点

香川県道178号山崎御厩線(香川県高松市)檀紙交差点

香川県道176号檀紙鶴市線(香川県高松市)檀紙交差点
posted by gonta at 08:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 専用道路

萩三隅道路 山口県長門市三隅中から萩市椿に至る延長15.2kmの高規格幹線道路

萩三隅道路(はぎみすみどうろ)は、山口県長門市三隅中から萩市椿に至る延長15.2kmの高規格幹線道路であります。

萩三隅道路は、山陰自動車道に並行する国道191号の自動車専用道路として整備されています。

案内標識では「萩・三隅道路(無料)」と表記され「山陰道」の表現は用いられていないが、開通時の公式リリースでは「山口県初の山陰道」として表現されています。

長門市と萩市にまたがる国道191号の鎖峠付近は、急峻な山肌を縫う様にして走っているため崖崩れの危険性が高く、大雨の際に通行止めとしている状況であります。

この状況の解消を目的として国土交通省が1992年(平成4年)8月21日に都市計画決定を受け事業化、1996年度(平成8年度)より工事に着手しました。

暫定2車線による総事業費は780億円であります。

萩三隅道路は、2008年2月23日に三隅IC - 明石IC(7.1km)が開通しました。

現在は引き続き明石IC - 三見ICの工事が行われており、2005年度より三見IC - 萩ICの調査・測量が始まっています。

全区間の開通は2008年から5年以内をめどとしています。


山陰自動車道長門美祢線(基本計画区間)

三隅IC 国道191号 長門市

明石IC/PA 県道64号萩三隅線 萩市

三見IC 国道191号、県道296号三見停車場三見市線 - 事業中

萩IC 萩有料道路(山口県道32号萩秋芳線) - 事業中

山陰自動車道(予定路線区間)



posted by gonta at 08:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 専用道路

益田道路 島根県益田市内の高規格幹線道路

益田道路(ますだどうろ)は、島根県益田市内の高規格幹線道路(全長7.8km)であるります。

益田道路は、益田市中心部の中吉田交差点(国道9号と国道191号交差部)および須子交差点(国道9号と主要地方道益田阿武線交差部)の渋滞緩和を主な目的として、山陰自動車道に並行する国道9号の自動車専用道路として整備されます。

道路標示などの案内は「山陰道(無料区間)」として統一されています。

益田道路は、2007年に高津IC〜須子ICが暫定2車線にて供用開始しました。

現在は遠田IC〜久城IC間で事業中であります。

益田道路のインターチェンジ

(遠田IC(国道9号/萩方面のみ接続):予定)

(久城IC(島根県道333号久城インター線/浜田方面のみ接続):予定)

高津IC(国道191号/萩方面のみ接続)

萩・石見空港IC(島根県道331号石見空港飯田線)

須子IC(国道9号・国道187号)

起点 島根県益田市遠田町

終点 島根県益田市須子町

全長 7.8km

規格 第1種第2級

道路幅員

一般部 23.5m

トンネル部 19.0m

橋梁部(長大橋) 19.5m

橋梁部(中小橋) 20.5m

車線数 4車線

車線幅員 3.5m

設計速度 100km/h

制限速度 60km/h
posted by gonta at 08:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 専用道路

浜田三隅道路 島根県浜田市内の高規格幹線道路

浜田三隅道路(はまだみすみどうろ)は、島根県浜田市内の高規格幹線道路(全長14.5km)であります。

浜田三隅道路は、山陰自動車道に並行する国道9号の自動車専用道路として整備されます。

浜田三隅道路のインターチェンジ

原井IC(浜田道路・国道9号)

(熱田IC(島根県道339号熱田インター線):予定)

(西村IC:予定)

(三隅IC:予定)

起点 島根県浜田市原井町

終点 島根県浜田市三隅町森溝上

全長 14.5km

道路幅員

一般部・橋梁部 20.5m

トンネル部 20.0m

車線数 4車線

車線幅員 3.5m
posted by gonta at 08:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 専用道路

浜田道路 浜田市長沢町から同市熱田町に至る延長6.8kmの高規格幹線道路

浜田道路(はまだどうろ)は、浜田市長沢町から同市熱田町に至る延長6.8kmの高規格幹線道路であります。

浜田道路は、山陰自動車道に並行する国道9号の自動車専用道路として整備されました。

浜田道路は、全区間暫定2車線です。

相生第2トンネル西側から、道の駅ゆうひパーク浜田までは4車線分のスペースが確保されているが、4車線になる様子はないです。


浜田バイパス東口 国道9号 浜田市街方面 国道9号 松江・江津方面

浜田IC − 浜田自動車道

高佐トンネル

長さ 685m −

三宮IC 国道186号

相生第1トンネル

733m −

相生第2トンネル

386m −

竹迫IC

道の駅ゆうひパーク浜田 −

原井ランプ − 山陰自動車道(浜田三隅道路)

浜田バイパス西口[1] 国道9号 浜田市街・浜田港方面

国道9号 山口・益田方面
posted by gonta at 09:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 専用道路

江津道路 島根県江津市と浜田市とを結ぶ延長17.6kmの高規格幹線道路

江津道路(こうつどうろ)は、島根県江津市と浜田市とを結ぶ延長17.6kmの高規格幹線道路であります。

江津道路の江津IC以西は西日本高速道路が山陰道の名称で一般有料道路として管理しています。

江津道路は、山陰自動車道に並行する国道9号の自動車専用道路として整備されました。

交差する道路 交差する場所 起点から

国道9号 松江・大田方面

国道9号 江津市街方面 島根県道302号浅利渡津線

島根県道112号三次江津線

島根県道330号江津インター線

山陰自動車道(江津道路) 山陰自動車道(基本計画区間) 江津IC

江津道路のインターチェンジ

江津IC(国道9号・島根県道330号江津インター線)

江津西IC(島根県道299号下府江津線)

浜田東IC(島根県道254号はまだリゾート線)

(3-1) 浜田JCT(浜田自動車道)

江津道路の通過市町村は

島根県

江津市 - 浜田市

起点 - 島根県江津市渡津町

終点 - 島根県浜田市高佐町

全長 - 17.6km

規格 - 第1種第3級

道路幅員 - 20.5m

車線幅員 - 3.50m

車線数 - 暫定2車線

設計速度 - 80km/h
posted by gonta at 09:35 | Comment(0) | TrackBack(3) | 専用道路

仁摩温泉津道路 島根県大田市内の高規格幹線道路

仁摩温泉津道路(にまゆのつどうろ)は、島根県大田市内の高規格幹線道路(全長11.8km)であります。

仁摩温泉津道路は、山陰自動車道に並行する国道9号の自動車専用道路として整備されます。

仁摩温泉津道路のインターチェンジ

<37> (仁摩IC(出雲仁摩道路・島根県道31号仁摩邑南線):予定)

<38> (湯里IC(国道9号):予定)

<39> (温泉津IC(国道9号):予定)

<40> (福光IC(国道9号):予定)

起点:島根県大田市仁摩町大国

終点:島根県大田市温泉津町福光

全長:11.8km

規格:第1種第2級

道路幅員

一般部・橋梁部:20.5m

トンネル部:○○m

車線数:4車線

車線幅員:3.5m

設計速度:100km/h
posted by gonta at 09:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 専用道路

出雲仁摩道路 島根県出雲市を起点とし、同県大田市に至る約延長37kmの高規格幹線道路

出雲仁摩道路(いずもにまどうろ)(仮称)は、島根県出雲市を起点とし、同県大田市に至る約延長37kmの高規格幹線道路であります。

出雲仁摩道路は、山陰自動車道に並行する国道9号の自動車専用道路として計画されています。

出雲仁摩道路のインターチェンジ

<31> (出雲IC(山陰自動車道・島根県道337号出雲インター線):予定)(出雲バイパス:計画)

<32> (湖陵IC:予定)

<33> (多伎IC:予定)

<34> (朝山IC:予定)

<35> (大田IC:予定)

<36> (静間IC:予定)

<37> (仁摩IC(仁摩温泉津道路・島根県道31号仁摩邑南線):予定)
posted by gonta at 09:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 専用道路

朝山・大田道路 島根県大田市朝山町から同市久手町に至る延長6.3kmの高規格幹線道路

朝山・大田道路(あさやま・おおたどうろ)は、島根県大田市朝山町から同市久手町に至る延長6.3kmの高規格幹線道路であります。

朝山・大田道路は、山陰自動車道に並行する国道9号の自動車専用道路として整備されます。

朝山・大田道路インターチェンジ

<34> (朝山IC:予定)

<35> (大田IC:予定)


起点:島根県大田市朝山町

終点:島根県大田市久手町

全長:6.3km
posted by gonta at 07:50 | Comment(1) | TrackBack(0) | 専用道路
バイク買取専門店バイクワン

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。